龍双ケ滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
龍双ヶ滝
初夏の龍双ヶ滝
位置 北緯35度55分22秒
東経136度25分15秒
所在地 福井県今立郡池田町
落差 60m
滝幅 20m
水系 九頭竜川水系足羽川支流部子川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

龍双ヶ滝(りゅうそうがたき)は福井県今立郡池田町にあるである。福井県では唯一、日本の滝百選に選出されている。

概要[編集]

部子川稗田川の合流地点にあり、落差60mの岩肌をなだらかに流れ落ちる分岐瀑である。名前の由来はかつてこの近くに龍双坊という修行が住んでいたことに由来する。附近は冬季車両通行止めとなる区間にあるが、四季折々の景色を求めて観光客も多く集う。特にからにかけては木々のとのコントラスト紅葉とのコントラストが大変見事であり、特に多くの人が集まる。また少し下流に下ったところには甌穴群があり、ここでも水と木々の美しい光景を目にすることが出来る。

伝説[編集]

かつてこの龍双ヶ滝には深い滝壷があり(現在は浅いものしか見当たらないが)、そこにが住んでいたと言われている。この龍が時折、に向かう為にこの滝を昇ったという伝説が残っている。 龍双ヶ滝甌穴

アクセス[編集]

注意点[編集]

  • 滝見台が設置されているがほぼ未整備に近く、膝丈ほどの草に覆われている。
  • 福井県道34号は主要地方道であるが、大変狭路なので離合も難しく、通行には細心の注意が必要である。またこの附近は冬季通行止めとなるため、に滝を目指す場合は雪中を徒歩で向かうことを余儀なくされる。それなりの装備が必要となるので注意されたい。

関連項目[編集]