吹割の滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吹割の滝
Fukiware Falls 05.jpg
位置 北緯36度42分7.8秒
東経139度12分26.7秒
所在地 日本の旗 日本 群馬県沼田市利根町(旧利根村
落差 7m
滝幅 30m
水系 利根川水系泙川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
上から見た吹割の滝
鱒飛の滝

吹割の滝(ふきわれのたき)は、群馬県沼田市利根町にある。高さ7メートル、幅30メートル。奇岩が1.5キロメートルに渡って続く片品渓谷(吹割渓谷)にかかる。河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名が付けられた。2000年NHK大河ドラマ葵 徳川三代』のオープニングにも登場した。1936年12月16日旧文部省より、天然記念物および名勝に指定されている(「吹割渓ならびに吹割瀑」)。

概要[編集]

900万年前に起こった火山噴火による大規模な火砕流が冷固した溶結凝灰岩片品川の流れによって侵食されてできたV字谷にかかり、そこに向かって三方から河川が流れ落ちるその姿から「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる。

近くには「鱒飛の滝」がある。高さ8メートル、幅6メートルの滝で、遡上してきたがここを越えることができずに止まってしまうことから、かつては「鱒止の滝」と呼ばれていた。

川沿いには遊歩道も整備されており、その入り口には沢山の土産物屋があり、観光シーズンには多くの観光客であふれる。道の途中には、般若の形に削られた般若岩が立ちはだかる。

般若岩

常時水量が大変多いため水難が多発する。また、水の侵食により1年間で約7センチメートル上流に向かって遡行しており、将来的には瀑布は上流に移動することになる。

「竜宮の椀」の伝説[編集]

昔から吹割の滝の滝壺は龍宮に通じていると言われ、村で祝儀がある度に滝壺にお願いの手紙を投げ入れて龍宮からお椀やお膳を借りていた。ところがある時一組だけ返し忘れてしまい、それ以来二度と膳椀を貸してもらえなくなったという。

日本全国に伝わる『椀貸し伝説』の一つであると考えられている。

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]