阿寺の七滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿寺の七滝
Atera no Nanataki, Shimoyoshida Shinshiro 2014.jpg
阿寺の七滝(2014年(平成26年)8月)
位置 北緯34度56分49.8秒
東経137度38分54.4秒
座標: 北緯34度56分49.8秒 東経137度38分54.4秒
所在地 愛知県新城市下吉田
落差 26m
水系 豊川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

阿寺の七滝(あてらのななたき)は、愛知県新城市阿寺川にある。滝および周辺は国の名勝および天然記念物に指定されている。日本の滝100選の一つ。

自然林内の礫岩断層にかかる7段の滝となっている事から、七滝と名付けられた。この礫岩は子抱石といわれ、祀ることで子宝に恵まれるとの伝承がある。なお、滝の竜神は雨乞の神として信仰されている。上から2番目・5番目の滝壺には深さ7メートルにおよぶ甌穴がある。また陰陽師安倍晴明が若年期に滝で修行したという伝説があり、晴明が使ったという井戸が現存する。

アクセス[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本歴史地名大系(オンライン版) 小学館 (『日本歴史地名大系』 平凡社、1979年〜2002年 を基にしたデータベース)