払沢の滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
払沢の滝
Hossawa Falls.jpg
位置 北緯35度43分38秒
東経139度08分19秒
所在地 東京都西多摩郡檜原村
落差 60m
滝幅 --m
水系 多摩川水系北秋川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

払沢の滝(ほっさわのたき)は、東京都西多摩郡檜原村にある拂沢の滝とも表記される。日本の滝百選の一つ。

概要[編集]

北秋川の支流のセト沢にある4段の滝で、1段目の落差が26m、全段で合計60mとなっている。滝が僧侶の払子を垂らした様に似ている事から、かつては払子の滝とも呼ばれていた。

滝壺には大蛇が棲んでいたと伝えられている。冬季になると結氷し、檜原村では最大結氷する日を当てる「氷瀑クイズ」を行っている。近年は全面結氷する年は少なくなったが、2006年1月8日に10年ぶりに全面結氷した。

檜原村で最大の観光名所であり、毎年8月中旬には滝祭りが催行され滝のライトアップが行われる。

交通[編集]

武蔵五日市駅から西東京バスで「払沢の滝入口」下車。

外部リンク[編集]