オシンコシンの滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オシンコシンの滝
Waterfall of Oshinkoshin 03.JPG
位置 北緯44度2分16秒
東経144度56分7秒
所在地 北海道斜里町
落差 50m
滝幅 30m
水系 チャラッセナイ川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

オシンコシンの滝(オシンコシンのたき)とは、北海道斜里郡斜里町のチャラッセナイ川の河口付近にある。標高は70メートル。落差は50メートル。分岐瀑。日本の滝百選の一つ[1]

概要[編集]

源流は、知床半島の中央部に位置する遠音別岳西側斜面である。名前の由来はアイヌ語で「川下にエゾマツが群生するところ」を意味する「オ・シュンク・ウシ」から転じた。ちなみに滝がかかる川「チャラッセナイ」の由来は、同じくアイヌ語で「チャラチャラ流れ下る川」からである。知床半島第一の大瀑であり、観光名所となってからは滝の2条の流れから双美の滝とも称される[1]

駐車場から滝の中ほどまで階段で登ることができ、岩盤の節理面に大きく2つに広がって流れる滝を正面から間近で見ることができる。知床八景の一つに数えられ、国道334号沿いにあること、滝と駐車場の位置関係が近いことから、観光バスが立ち寄ることも多い。

滝の上方には国道334号の旧道が通っており、旧道からはオホーツク海を背景に滝を見下ろすことができるが[1]法面損傷が発見されて以来、断続的に落石防止工事が行われており、斜里市街方面 - ウトロ方面を通り抜けることはできなくなっている。

また、2009年平成21年)までは、滝のそばにある売店周辺に茶色の猫が棲みついており、観光客に人気の存在となっていた。

周辺の施設[編集]

  • 駐車場(乗用車がメイン、大型バスの駐車スペースは数台分。)
  • 公衆トイレ(水洗。総工費1億円かけられたトイレとして知られる。)
  • 売店(自動販売機あり。夜間は閉まっている。)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 北中康文 『日本の滝1 東日本661滝』 山と渓谷社、2004年、10頁。ISBN 4-635-06257-0

外部リンク[編集]