箕面滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
箕面滝
Minoh Falls Minoh Osaka pref Japan01s5.jpg
位置 北緯34度51分 東経135度28分
所在地 大阪府箕面市
落差 33m
滝幅 5m
水系 淀川水系箕面川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

箕面滝(みのおたき、みのおたき、みのおだき)は、大阪府箕面市明治の森箕面国定公園内にあるである。箕面大滝ともいう。日本の滝百選の一つに選定されている。

概要[編集]

古くは修験道の道場であった。「箕面」の名は木々の間から流れ落ちる姿がに似ていることから付けられたとか、周辺に「尾」のつく地名が多いことから水尾から転じたとも言われている。

年間200万人以上の観光客が訪れる箕面公園紅葉の名所であり、秋には特に多くの人で賑わう。

阪急箕面駅から2.8kmの比較的緩やかな道のりであり、滝の間近には大日駐車場(2013年(平成25年)4月より一部期間有料化[1])が存在するためにアクセスは非常に良いが、季節によっては週末を中心に大変混雑する。周辺にはニホンザルが頻繁に出現するが、人に危害を加えることもあるため、餌を与えてはいけない(詳細は箕面市の記事を参照)。

箕面滝道には、1951年(昭和26年)7月11日に起こった集中豪雨による濁流で流された人の救出活動を部下3名と共に続けて殉職した、箕面警察署長合田百一の記念碑が1987年(昭和62年)9月に建立されている。

滝の名句として知られる後藤夜半の「瀧の上に水現れて落ちにけり」(1929年作)は、この箕面滝を詠んだもの。大阪府営箕面公園の滝前に句碑が建っている。

摂津名所図会 巻六 箕面瀧[編集]

本社より十八奥にあり。巌頭(がんとう)より飛潟(ひしゃ)して。石面を走り落つる事凡(すべ)て十六

瀧壷(たきつぼ)より泡を飛す事珠(たま)をちらすがごとく、霧を噴(は)く事雲の如し。日光これを燭(しょく)してさいさん目を奪ふ。

天下賞して瀧の第二とす。瀧の上に碧潭(へきたん)あり。これを龍穴(りゅうけつ)といふ。

村民旱天(かんてん)に遇う時。ここに祷(いの)れば忽(たちまち)膏雨(ごうう)降るなりとぞ。

三鈷松(さんこのまつ)瀧の上にあり。三葉にして、而(しか)も其色(そのいろ)四時(しいじ)蒼々(そうそう)として艶(うるは)しく、瀧水日影に映ずる時は光あり。

わすれては雨かとぞ思う瀧の音にみのおの山の名をやからまし、津守國助。

ながれてと思ふこころの深きにぞなにかみのおの瀧となるべき、後九條。

人工滝騒動[編集]

2006年12月14日、毎日放送のニュース番組『VOICE』が、「景勝地に衝撃の事実…箕面の滝は人工滝?」と題して「トンネル工事で大量の水が湧き出し、周辺の川が枯れた」「滝壺に流れ落ちる大量の水は、なんとポンプで吸い上げたもの」「箕面の滝は自然の滝ではなく、人工の滝」と報じた[2]。その後、複数のマスコミが取り上げ、箕面グリーンロードのトンネル工事の影響で箕面滝が人工の滝になったとの風評が広がった。

箕面グリーンロードは、湧水をポンプにより送水して箕面川に放水しているが、放水ポイントは箕面滝から3.4キロメートル離れており、箕面川に複数ある支流の1つに過ぎず、その間には治水ダムである箕面川ダムがある[3]。箕面川ダムは、毎秒0.08立方メートルから0.14立方メートルの水量を一定に放流する流量調整を行っており、箕面グリーンロードの放水ポイントにおける放流量は毎秒0.0182立方メートル(毎分1.09立方メートル)[4]であることから、箕面川ダムの流量調整が大幅に上回っており(流量調整の最低値にも達しない)、箕面グリーンロードの湧水放水と箕面川ダム下流にある箕面滝の水量の関係は完全に否定される。

先述のテレビ番組に有識者として出演した議員はいずれも日本共産党の議員(堀田文一大阪府会議員・神田隆生箕面市会議員)[2]であり、箕面グリーンロードの建設に反対していた。

先述のテレビ番組では、トンネル本坑貫通後の箕面滝の水量データを示して「水量減少の原因はトンネル工事」としていたが、使用されていたデータは2003年(平成15年)から2005年(平成17年)にかけて降水量が大幅に減少していた期間のものであった[5]。箕面大滝の総水量は年間降水量と連動する傾向にあり、番組で使用されたデータの期間後においては、年間降水量の増加とともに箕面滝の水量も増加している[3]

箕面市は、正しいデータに裏付けされた放送を行うよう毎日放送に抗議している[5]

上島一彦大阪府議会議員は、箕面の滝を人工滝と決め付けたマスコミ報道は極めて不適当であり、地元の観光事業者が「大切な観光資源である滝のイメージを破壊された」と憤っているとしている[6]

箕面市長の倉田哲郎は、2014年8月の集中豪雨による箕面滝の増水に際して「滝はポンプを止めれば大丈夫ではないのか」との問い合わせがあったことを明かし、報道から8年経っても箕面滝が風評被害を受けていることや、風評の発生経過及び風評に根拠がないことを自身のブログで解説し、改めて報道の訂正を求めている[7]

ギャラリー[編集]

周辺[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公園へのアクセス 箕面公園
  2. ^ a b 「関連報道など」 日本共産党箕面市会議員・名手宏樹ホームページ
  3. ^ a b 滝・ダム・放流箇所の位置 大阪府道路公社
  4. ^ 大阪府道路公社「箕面大滝付近・年間降水量と年間平均流量(実測)の関係」
  5. ^ a b 箕面大滝は人工滝? 箕面市
  6. ^ 大阪府議会議員上島一彦「府政レポート」
  7. ^ 「箕面大瀧~8年前の風評被害」 2014年08月31日

外部リンク[編集]