観音の滝 (佐賀県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
観音の滝
KANNON waterfall Saga,JAPAN.jpg
位置 北緯33度26分6.26秒
東経130度7分48.47秒
所在地 佐賀県唐津市七山滝川
落差 45m
滝幅 10m
水系 玉島川水系滝川川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

観音の滝(かんのんのたき)は、佐賀県唐津市にある日本の滝百選に選定されている。

概要[編集]

玉島川の支流の滝川水域にある。観音の滝の周辺には8つの滝と淵がある。

滝の脇には、滝の名の由来となった「生目観音」を祀った福聚院がある。滝の伝説として、桃山時代文禄元年(1592年文禄の役の際に豊臣秀吉名護屋城に来陣し朝鮮出兵の指揮にあたった。この時、名護屋越前守経述の妹が秀吉の身の回りの世話を行った。秀吉は、この気立てが良く美人の女性を気に入り「広沢局(ひろさわのつぼね)」と呼んだ。広沢局は文禄3年(1594年)に眼病を患ったため、生目観音を訪れ21日間の祈祷を行い滝の水で目を洗った。すると見事に眼病が治ったという。以来、眼病治癒祈願の参拝者が訪れるようになった。

アクセス[編集]

周辺情報[編集]

  • 樫原湿原
  • ロフティ七山

参考文献[編集]

  • 『日本の滝100選』 グリーンルネッサンス事務局/編、1991年、講談社
  • 『日本の滝② 西日本767滝』 北中康文/写真・文、2006年、山と渓谷社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]