仙娥滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仙娥滝
Shosenkyo-Waterfall.jpg
位置 北緯35度44分58.23秒
東経138度33分58.26秒
所在地 山梨県甲府市猪狩町
落差 30m
水系 富士川水系荒川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

仙娥滝(せんがたき)は山梨県甲府市昇仙峡にある日本の滝百選に選定されている。

概要[編集]

滝の名である「仙娥」とは、中国神話に登場するに行った女性嫦娥のことであり、ひいては月を意味する言葉である。

富士川水系の荒川上流にある、山梨県を代表する景勝地の一つ昇仙峡の最奥部に位置する。昇仙峡のシンボルである覚円峰の麓にある。この滝は地殻変動による断層によって生じた。花崗岩の岩肌を削りながら落下している滝で落差は30mである。駐車場から徒歩約5分の場所にあり、秋の紅葉シーズンには数多くの観光客が訪れる。

参考資料[編集]

  • 『日本の滝100選』 グリーンルネッサンス事務局/編、1991年、講談社
  • 『日本の滝1 東日本661滝』 北中康文/写真・文、2004年、山と渓谷社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]