猿尾滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
猿尾滝
Saruo falls 01.JPG
所在地 兵庫県香美町
位置 北緯35度26分2秒
東経134度36分52秒
落差 60m
水系 作山川
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

猿尾滝(さるおだき)は兵庫県美方郡香美町村岡区にある。但馬三名瀑の一つに数えられ、日本の滝百選に選定されている。

概要[編集]

矢田川の支流で、妙見山(1,139メートル)を源とする湯舟川支流の作山川流域にある。猿尾滝ひん岩脈で形成された岩肌を上下2段に分かれて落下する。なお、それぞれの落差は上段39メートル、下段21メートルである。その名の由来は下段の流れがの尾に似ていることから名付けられたと言われる。

妙見山にある名草神社参道から眺望される滝として古来より知られていた。江戸時代、この地を治めていた交代寄合(のち村岡藩山名氏は夏には"ソーメン流し"をして楽しんだと伝えられる。これに因み毎年7月第2日曜日に「猿尾滝祭り」を開催し、大規模な"ソーメン流し"を行っている。

周囲の原生林はブナモミジサクラケヤキなどの落葉樹が多く秋には紅葉の名所となる。また、冬には凍結することもあるため氷滝の姿が見られることもある。

昭和43年(1968年兵庫県の名勝昭和44年(1969年氷ノ山後山那岐山国定公園に指定された。

「猿尾滝観瀑図」(山名義徳画)

アクセス[編集]

  • JR山陰本線八鹿駅より全但バス村岡・和田・湯村温泉・秋岡方面行き日影バス停留所下車、所要時間約45分。停留所より徒歩20分。
  • 車の場合は国道9号より県道267号に入り1.2キロメートル走行、駐車場(売店、トイレあり)より徒歩約100メートル。

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 現地案内板
  • 『日本の滝100選』 グリーンルネッサンス事務局/編、1991年、講談社

外部リンク[編集]