菊池渓谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広河原

菊池渓谷(きくちけいこく)は熊本県の菊池川上流、水源にある渓谷で、阿蘇市菊池市に属する。避暑地紅葉の名所として知られている。

概要[編集]

一帯は阿蘇外輪山を取り囲むモミツガケヤキなど広葉樹原生林に覆われている。「渓谷美の極致」と言われた状態で残っており、阿蘇くじゅう国立公園の特別保護地区、菊池水源として名水100選に選定されている[1]。また、くまもと自然休養林菊池渓谷として森林浴の森百選[2]菊池渓谷自然休養林 として水源の森百選等に選定されている。

菊池温泉阿蘇内牧温泉の開発に伴って、この渓谷も全国に知られるようになったが、レジャー開発をほとんど行っていないため、遊歩道(左岸は九州自然歩道)と売店・トイレがあるぐらいである。穏やかな流れで女性的な景観を擁するが、水難死亡事故は起きている。見所としては掛幕の滝、黎明の滝、紅葉ヶ瀬、竜ヶ淵、天狗滝、四十三万滝[3]日本の滝百選)、広河原などがある。なお、清掃協力金(強制ではない)を求められる。

菊池渓谷自然休養林[編集]

菊池渓谷周辺に広がる森林で、菊池渓谷自然休養林として水源の森百選に指定されている[4]

山岳 面積(ha) 標高(m) 人工林(%) 天然林(%) 主な樹種 制限林 種類 流量(m3/日)
大観峰 1,200 400~900 66 34 ブナカエデスギヒノキケヤキカシモミ 水源かん養保安林、自然休養林 湧水源、流水(菊池川)、伏流水 100,000

阿蘇山外輪山の最高峰大観峰山麓に広がる「くまもと自然休養林」の広葉樹林天然林針葉樹林植林帯が整備された森林である。下流21市町村にとって重要な水源林となっていて 「菊池川流域同盟」を結成し「河川を美しくする条例」を定めて、河川の監視と汚染防止、水源地域への多様な植林等の取り組みを行っている。  

  • 所在地:熊本県菊池市大字原字深葉(データは指定年1995年平成7年)7月)

百選[編集]

ギャラリー[編集]

アクセス[編集]

菊池渓谷の位置(熊本県内)
菊池渓谷
菊池渓谷
菊池渓谷の位置

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 菊池水源 - 名水100選 - 環境省
  2. ^ くまもと自然休養林菊池渓谷 - 日本の森・滝・渚 全国協議会
  3. ^ 四十三万滝
  4. ^ 菊池渓谷自然休養林 - 水源の森百選 - 林野庁

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度0分18秒 東経130度56分27.4秒 / 北緯33.00500度 東経130.940944度 / 33.00500; 130.940944