御香宮神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
御香宮神社
Gokonomiya haiden.jpeg
拝殿
所在地 京都府京都市伏見区御香宮門前町
位置 北緯34度56分5.0秒
東経135度46分3.0秒
座標: 北緯34度56分5.0秒 東経135度46分3.0秒
主祭神 神功皇后応神天皇仲哀天皇仁徳天皇高良大明神、宇倍大明神、瀧祭神、河上大明神、菟道稚郎子尊、白菊大明神
社格 式内社(小)・府社
本殿の様式 五間社流造
別名 御香宮、御幸宮
札所等 神仏霊場巡拝の道第82番(京都2番)
例祭 4月17日10月9日
テンプレートを表示

御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ、ごこうぐうじんじゃ)は京都市伏見区にある神社式内社で、旧社格府社。通称御香宮御幸宮。伏見地区の産土神である。

神功皇后を主祭神とし、夫の仲哀天皇、子の応神天皇ほか六神を祀る。神功皇后の神話における伝承から、安産の神として信仰を集める。

また社務所内に小堀遠州伏見奉行所内に作ったとされる庭園が移設されている。

祭神[編集]

歴史[編集]

初めは「御諸神社」と称した。創建の由緒は不詳であるが、貞観4年(862年)に社殿を修造した記録がある。伝承によるとこの年、境内より良い香りの水が湧き出し、その水を飲むと病が治ったので、時の清和天皇から「御香宮」の名を賜ったという。この湧き出た水は「御香水」として名水百選に選定されている[1]。ボトルを持参して取水する地元民も多い。[2]菟芸泥赴によれば筑紫国香椎宮から勧請したという記録がある。

全国にある「香」の名前のつく神社は、古来、筑紫国香椎宮との関連性が強く神功皇后を祭神とする当社は最も顕著な例である。

豊臣秀吉は、伏見城築城の際に当社を城内に移し、鬼門の守護神とし(現在でも古御香宮として残っており、また伏見宮貞成親王に関係が深かったこともあり、境内は陵墓参考地として指定されている)、社領三百石を寄進した。

慶長10年(1605年)には徳川家康によって元の位置に戻され、京都所司代板倉勝重を普請奉行として本殿が造営された。表門は伏見城の大手門を移築したものである。

1868年明治元年)に起こった鳥羽・伏見の戦いでは官軍薩摩藩)の本営となり、竹田街道を挟んで南側にあった幕府軍(会津藩新選組)の本営・伏見奉行所を砲撃して陥落させている。当社の建物は無事であった。

昭和に入ってからはすぐ東を通る国道24号線の拡幅に伴い、境内の一部を道路用地として提供し、その際に元伏見奉行所の跡で、米軍のキャンプ地の跡である桃陵団地建設の際に発見された小堀遠州ゆかりの庭園が、造園家・中根金作の手によって、社務所の裏側に再現された。

本殿には、菊の御紋五七の桐紋葵の御紋が見られる。

拝殿を中心とした境内のパノラマ

境内[編集]

桃山天満宮[編集]

境内の東側に桃山天満宮が鎮座しているが、御香宮神社の摂社などではなく独立した神社である。創建は応永元年(1394年)。文禄3年(1594年)に伏見城下の前田利家邸内に移転する。天保12年(1841年)に御香宮の西に移転するが、1969年(昭和44年)に現在地に遷座する。

  • 本殿
  • 弊殿
  • 拝殿
  • 厳島社
  • 合祀社 - 老松社、白大夫社、紅梅殿
  • 大杉社 - 祭神:大杉大明神
  • お社
  • 伏見城跡残石 - 伏見城の石垣の石。

年中行事[編集]

  • 1月1日 若水神事
  • 1月7日 七種神事(七草粥)
  • 2月中卯日 御弓始め神事
  • 4月17日 例大祭
  • 7月31日15時、23時 茅の輪神事
  • 9月第3土曜日 神能奉納
  • 10月上旬(年によって変更有り) 神幸祭
最終日の神輿巡幸では、3基の神輿のほか、獅子若、猿田講社、武者行列(奴振りを伴う)、稚児行列の行列が時間差をもって氏子地域を終日、巡行する。
  • 11月15日 御火焚祭
  • 12月中卯日 醸造初神事

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 本殿
  • 表門
  • 金熨斗付太刀(きんのしつきたち) - 備前長光が作ったとされる。

京都府指定有形文化財[編集]

  • 拝殿

その他[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小野芳朗『水の環境史「京の名水」はなぜ失われたか』(PHP新書) PHP研究所、2001年 p.207 ISBN 9784569616186
  2. ^ 2011年平成23年)7月31日の水質検査の結果、基準値より下回ったことが分かり、現在は濾過装置を通したきれいな水を提供している。

外部リンク[編集]