出流原弁天池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出流原弁天池
Izuruhara Benten Pond 2.jpg
所在地 栃木県佐野市出流原町1117
位置
周囲長 0.138 km
成因 湧水
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

出流原弁天池(いずるはらべんてんいけ)は、栃木県佐野市出流原町(赤見温泉)にあるである。池は1956年(昭和31年)栃木県指定天然記念物に指定されているとともに、池の水源は1985年(昭和60年)出流原弁天池湧水として名水百選に選定された[1]

概要[編集]

佐野市の北域にあたる後山は秩父古生層石灰岩で形成されており鍾乳洞から、年間を通じ 水温は16℃、2400(m3/日)の湧水量の水が湧き出しており[2]、流出した水は料亭の庭の池や養魚場や磯山公園の池に利用されて下流の灌漑用水にも利用されている。

朝日長者の伝説[編集]

昔、出流原に朝日長者が何不自由なく暮らしていたが、ただ一つだけ子宝に恵まれなかったので、長者夫婦が出流原弁天に子授けの願をかけた、すると美しい女の子が生まれ「鶴姫」と名付け大切に育てた。 「鶴姫」が18歳の時、山に遊びに入ったまま行方不明となり。大事な子どもを亡くした長者夫婦に、ある時神が霊示したことは、 「姫は弁天池の鯉となっており」、竜神となって昇天するためには莫大な財宝がいる」との旨であった。 そこで長者は娘のためにと後山に財宝を埋め「朝日さす夕日輝く木の下に、うるし千ばい黄金億々」 というような宝のありかをよんだ歌を残している。 佐野市の民話より

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]