安曇野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安曇野(松本盆地の一部)

安曇野(あづみの、あずみの)は、長野県中部(中信地方)にある松本盆地のうち、梓川犀川の西岸(押野崎以南)から高瀬川流域の最南部にかけて広がる扇状地全体を総括している。

地名の由来[編集]

語源は古代にこの地に移住してきた海人安曇氏に由来するという説がある[1][2]。安曇氏はもともと北九州の志賀島周辺を本拠地としていたが全国に散らばっていった。穂高神社信濃安曇郡に定住した安曇氏が祖神を祀った古社であり、志賀島から全国に散った後の一族の本拠地はここだとされる。

「安曇野」が指し示す範囲としては、明確に画定された線引きは無いが、概ね安曇野市池田町松川村、大町市南部の4市町村他、さらに松本市梓川地区(旧・梓川村)、古くは安曇平(あづみだいら)と呼ばれていたが、臼井吉見小説安曇野』によって有名になり、この名称が定着した。それ以前にも武者小路実篤若山牧水土岐善麿らの文人によって「安曇野」と呼ばれていた。

なお、「安曇」の平仮名表記については明確な基準は無いが、安曇氏が「アマツミ」に由来していることから「あづみ」と読む場合が多いが、現代仮名遣いでは一般的に「づ」は「ず」と表記するように定められていることから、「あずみ」と表記している例もある。 例:「あづみ」⇒安曇野市、JAあづみなど 「あずみ」⇒安曇追分駅など

概要[編集]

安曇野は、北アルプスの山々から湧き出た清流梓川黒沢川烏川中房川)によってできた複合扇状地である。そのため地表にある水は浸透してしまうため、(せぎ)と呼ばれる用水路によって灌漑(かんがい)し、農業を行っている。主に、稲作りんご栽培であり、水田地帯が多い。扇状地の扇端部では、安曇野わさび田湧水群があり、水が綺麗でないとできないワサビ栽培やニジマス信州サーモンの養殖を行っている。

安曇野の水田地帯

また、数多くの美術館や資料館・記念館が点在しており、美術館巡りを楽しむことができるほか、小さく個性的な喫茶店や蕎麦屋、レストラン、宿なども多くある。

長野県内有数の観光地・別荘地となっており、多くの観光客が県内外から訪れる。さらに、定年を迎えるなどした都会在住者などが、スローライフを求めて移住する動きも活発にみられる。

安曇野わさび田湧水群[編集]

湧水の小川

常念山脈を水源とする犀川穂高川高瀬川が形成する扇状地が重なり合った複合扇状地の扇末部に位置する。安曇野の至るところから地下水が湧き出しており、その水量は日量70万tと言われ、安曇野の名産であるワサビニジマスを育てている。 1985年(昭和60年)環境庁(当時、現・環境省)が指定した名水百選[3]に選定されるとともに1995年(平成7年)3月には国土庁から水とロマンあふれる安曇野として水の郷百選[4]の認定を受けた。

アクセス[編集]

道路
長野自動車道安曇野インターチェンジ下車。国道147号安曇野アートラインが安曇野を縦断している。狭い路地が多いこともあり、穂高駅前などにレンタサイクル屋がある。
鉄道
JR大糸線が安曇野を縦断している。東京方面からはJR中央本線(中央東線)特急あずさ」・「スーパーあずさ」が運行されており、塩尻駅から篠ノ井線に、一部列車は松本駅から大糸線に乗り入れる。名古屋大阪方面からはJR中央本線(中央西線)特急「しなの」が運行されており、塩尻駅から篠ノ井線に、一部臨時列車は松本駅から大糸線に乗り入れる。大糸線の、松本駅から4駅目の梓橋駅には「是より北 安曇野」と掲示されている。
空路
信州まつもと空港(松本空港)から松本駅前にある松本バスターミナルまで路線バスが運行しており、松本駅からJR大糸線を利用してアクセスできる。このほか、空港ではレンタカーも利用できる。

観光スポット[編集]

穂高神社

美術館・資料館[編集]

安曇野 (小説)[編集]

長野県南安曇郡三田村(堀金村を経て、現・安曇野市)生まれの小説家臼井吉見歴史小説で、彼の代表作。1964年入稿、1974年上梓。筑摩書房から出版、全5巻に及ぶ長編小説である。主人公実業家相馬愛蔵相馬良夫妻、彫刻家荻原碌山教育者井口喜源治社会主義者木下尚江、そして終盤で登場する作者本人の計6人。木下と良を除く4人の故郷である安曇野と相馬夫妻が東京本郷で起業した新宿中村屋の物語に作者の戦中戦後回顧録を併せて、広く明治から昭和中期にかけての日本を描いている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国土交通省安曇野市
  2. ^ 安曇の中心的役割の一つである穂高神社の祭神の三座、穂高見神綿津見神瓊瓊杵神のうち、綿津見神と穂高見神(宇都志日金柝命)は曇連(あずみのむらじ)の先祖であることから(「古事記」上つ巻、「新撰姓氏録」)、そのことは裏付けられるであろう。
  3. ^ 安曇野わさび田湧水群 - 名水百選
  4. ^ 安曇野市 - 水の郷百選

外部リンク[編集]