宗祇水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地理院地図 Googleマップ 宗祇水の位置

宗祇水
郡上おどり期間で賑わう宗祇水

宗祇水(そうぎすい)は岐阜県郡上市八幡町本町にある湧水である。白雲水(はくうんすい)とも言われ、1985年昭和60年)宗祇水(白雲水)として名水百選[1]第1号に指定されている。また、岐阜県指定の史跡にも指定されている[2]。また郡上市の旧八幡町人と自然が調和した交流文化のまちとして水の郷百選[3] に選定されていて、宗祇水は名水スポットの一つになっている。

概要[編集]

郡上八幡地域は年間2,800mmの降雨量がある豊かな水源林に涵養され、縄文鍾乳洞に代表されるカルスト地形石灰岩に浸透し、八幡市街に数多く湧出する。

由緒[編集]

1471年(文明3年)篠脇城東常縁宗祇古今伝授を終え、宗祇が帰京する際にこの泉水で東常縁が宗祇に

もみじ葉の流るる竜田白雲の花のみよしの思ひ忘るな

の一首を、はなむけに詠ったと伝えられている。

江戸時代には、郡上藩金森頼錦遠藤常友等らによって泉の保存と古今伝授が顕彰され、石の水場が整備された。水場は湧口から水源飲料水食糧洗浄水、さらし場(食器等洗浄場)と取り決めがある。また1917年大正6年)9月有志が集まり宗祇水奉賛会を結成して史跡保存に努めている。

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度45分2.8秒 東経136度57分21.2秒 / 北緯35.750778度 東経136.955889度 / 35.750778; 136.955889

脚注[編集]

  1. ^ 宗祇水(白雲水) - 名水百選 -環境庁
  2. ^ 宗祇水 - 岐阜県
  3. ^ 人と自然が調和した交流文化のまち - 水の郷百選