恵利原の水穴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地理院地図 Googleマップ 恵利原の水穴

恵利原の水穴

恵利原の水穴(えりはらのみずあな)は、三重県志摩市磯部町恵利原にある湧水である。別名天の岩戸 1985年(昭和60年)恵利原の水穴(天の岩戸)として環境省名水百選の一つに指定された[1]

概要[編集]

朝熊山地にあり、周辺の地質はカルスト地形である。山麓は伊勢神宮別宮伊雑宮社叢原生林であり、その涵養により降雨の変動も受けず常時石灰岩質を浸透している。

天の岩戸[編集]

歴史・伝承[編集]

[2]

利水[編集]

湧水のほとんどが神路ダムに流入し上水道の水源となるが、日量31,000tでも不足している。

交通[編集]

  • 近鉄志摩線志摩磯部駅下車 磯部バスセンターから三交バス伊勢市行(伊勢道路経由・約10分)「天の岩戸口」下車⇒徒歩15分
  • 近鉄山田線伊勢市駅下車 駅前から三交バス御座五ヶ所方面行(伊勢道路経由・約30分)「天の岩戸口」下車⇒徒歩15分

脚注[編集]

  1. ^ 環境省名水百選(恵利原の水穴(天の岩戸) - 名水百選 Archived 2011年9月26日, at the Wayback Machine. -環境省
  2. ^ 東尋坊等の有名観光地に必ず張られる由来についての著作権侵害(記事妨害?)を改善して頂いた後記入します。伝記や神話にむきになれる夢のない方がなくなりますよう

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度24分29.4秒 東経136度48分2.3秒 / 北緯34.408167度 東経136.800639度 / 34.408167; 136.800639