境川 (諫早市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
境川
水系 一級水系 本明川
種別 一級河川
延長 8.4 km
平均流量 6,150 /s
流域面積 18.18 km²
水源 多良岳
水源の標高 990 m
河口・合流先 諫早湾干拓調整池
流域 長崎県諫早市
名水百選
テンプレートを表示

境川(さかいがわ)は、長崎県諫早市を流れる一級河川本明川水系の河川である。源流部は多良岳県立公園[1]の区域に指定されている。

概要[編集]

多良岳に端を発し名水百選に選定されている轟渓流[2]を形成し「落合川」と合流した後、多くの堰により止水され、近隣の灌漑用水の水源となり諫早湾干拓調整池に流入する。

轟の森林[編集]

境川の上流「轟渓流」一帯に位置する森林で、轟の森林として水源の森百選に指定されている[3]

山岳 面積(ha) 標高(m) 人工林(%) 天然林(%) 主な樹種 制限林 種類 流量(m3/日)
畑倉山 936 700 50 50 スギヒノキスダジイカシ 水源かん養保安林、保健保安林 湧水 6,150

上流には国の天然記念物に指定されている「多良岳ツクシシャクナゲ群叢」[4]がある。 また、森には同じく天然記念物であるニホンヤマネが生息している。

  • 所在地:所在地:長崎県北諫早市三部壱(データは指定年1995年平成7年)7月

轟渓流[編集]

轟渓流(とどろきけいこく)は轟滝を始め潜龍の滝二見の滝楊柳の滝等 大小30の滝があり、上流の「轟の森林」の水源涵養林に蓄えられた清水が集まり、6,150㎥/日の流量の渓流となる。水質は軟水で水温は1年を通して14℃を保っており、別名轟峡(とどろききょう)とも呼ばれ観光名所となっている。

交通[編集]

鉄道
長崎本線湯江駅 タクシーで15分
長崎県道136号多良岳公園線 並走

周辺の行楽地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]