八ヶ岳南麓高原湧水群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地理院地図 Googleマップ 基点となる小淵沢駅の位置

八ヶ岳南麓高原湧水群(やつがたけなんろくこうげんゆうすいぐん)は山梨県北杜市長坂町および小淵沢町に点在する湧水群である。この湧水群は1985年(昭和60年)名水百選のひとつに選定された[1]

概要[編集]

八ヶ岳南方の権現岳水源林の水や雨水成層火山編笠山火成岩等に浸透し地下水となり清里高原地下の帯水層を経て中央線小淵沢駅付近に湧出すると考えられているが、詳細な調査研究は、東京海洋大学の水圏科学フィールド教育研究センター等で行われている[2]。 代表的な湧水地として、「女取湧水」、「大滝湧水」、「三分一湧水」があげられているが、近隣の「大湧水」、「川俣川渓谷」、「宮司の滝」、「三味線滝」や湧水群を水源に上水道源となる大門ダムがある。

女取湧水[編集]

大滝湧水[編集]

大滝神社と大滝湧水

大滝神社(参考)の地内にあり、木をくりぬいた樋口から日量約22,000t、水温12の湧水が流れ落ちる。 大滝神社由来記には武渟川別が訪問した際、清水の湧出を、農業の本、国民の生命、肇国の基礎と称賛し祭祀したと記されている。

古くから伝記としては井戸水が濁った時、この湧水を井戸水に注入すれば清澄となるといわれている。江戸時代には甲府代官が民有地を買い上げ、湧水の保全を図った。

現在は地区の住民によって管理されている。 まわりは公園として整備されており、景観がよく、春は新緑、秋はモミジの紅葉が楽しめる。

三分一湧水[編集]

三分一湧水(2004年12月撮影)

三分一湧水(さぶいちゆうすい)は日量8,500tで、年間を通じ水温10℃前後の豊かな湧出量である。下流の村々において湧水の利用をめぐって長年続いた水争いをおさめるため、江戸時代に湧出口の分水枡に三角木柱の利水施設が造られた。これにより、湧水を三方向の村落に三分一の量ずつ平等に分配できるようになり、三分一湧水の名の由来となった。現在では1922年(大正11年)に完成した石造の枡が用いられ、利水権をもつ地区住民で組織する管理組合や地元住民によって管理され、農業用水として利用されている。1943年(昭和18年)には山津波により破壊されるが、現在では復旧している。

毎年6月1日には「水元」と称される旧小荒間村の坂本家を主座に関係集落立ち合いのもと、分水行事が行われている

その他の八ヶ岳南麓高原湧水群[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]