向斜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
背斜と向斜

向斜(こうしゃ、: syncline[1])は、構造地質学において、新しい地層が中心側に来ているような褶曲構造である。右の図において、SYNCLINEとある地形になっている部分が向斜である。これに対して、ANTICLINEとなっている地形のになっている部分は背斜と呼ばれる。

複向斜(ふくこうしゃ)は、小さな褶曲がいくつも重ねあわされた大きな向斜のことである[2]。向斜は通常、谷状の構造になっており、シンフォーム状向斜と呼ばれるが、地層が反転して褶曲された場合には、山状の構造になっている向斜も見られ、アンチフォーム状向斜と呼ばれる。

地質図においては、岩石地層の順序が次第に新しい順序に並んでおり、褶曲の中央に一番新しい地層があって、その点の反対側に同じ岩石地層が逆の順序で並ぶ。褶曲の形が円形あるいは楕円形になっている場合、その構造は構造盆地となる。有名な向斜として、アメリカ合衆国ワイオミング州パウダー川盆地英語版がある。褶曲は、造山運動に伴う圧縮の結果として地殻変動によって形成される。

よく露出した向斜として、アメリカ合衆国メリーランド州西部において、州間高速道路68号線英語版が通るサイドリング・ヒル英語版にあり、ロックウェル・フォーメーション英語版とその上にパースレーン砂岩英語版が露出している。

高所に造られた向斜の壮大な例として、ヨーロッパ最高地点にある、フランス南東部、アルプス山脈麓にあるサウフランス語版が挙げられる。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、83頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ Synclinorium. (2008). In Encyclopædia Britannica. Retrieved May 03, 2008, from Encyclopædia Britannica Online: http://www.britannica.com/EBchecked/topic/578375/synclinorium

関連項目[編集]