モミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モミ
Abies firma3.JPG
東京近郊のモミ林(高尾山
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Pinophyta
亜門 : マツ亜門 Pinophytina
: マツ綱 Pinopsida
亜綱 : マツ亜綱 Pinidae
: マツ目 Pinales
: マツ科 Pinaceae
: モミ属 Abies
: モミ A. firma
学名
Abies firma Sieb. & Zucc.
和名
モミ
英名
Momi fir
Japanese fir
品種

モミ(樅、学名Abies firma)は、マツ科モミ属常緑針葉樹である。日本に自生するモミ属で最も温暖地に分布し、その北端は秋田県、南端は屋久島に達する。

形態[編集]

樹高は40mにも達するものもある。モミ属全般に樹皮が白っぽい灰色である樹種が多いが、モミの樹皮はかなり茶色がかっている。枝はほかのマツ科針葉樹と同じく同じ高さから四方八方に伸ばす(輪生) 日本に自生するモミ属では最もが大きくて硬い。若枝には軟毛が生える。葉は細くて固い針状で、先端は二叉して鋭く尖るが、老木では先の丸まった葉をつける。球果は10 - 15cmと大柄で、はじめ緑色10月頃成熟すると灰褐色になる。成熟すると鱗片が脱落するので、松かさの様にそのままの姿で落下することはない。

生態[編集]

他のマツ科針葉樹と同じく、菌類と樹木のが共生して菌根を形成している。樹木にとっては菌根を形成することによって菌類が作り出す有機酸や抗生物質による栄養分の吸収促進や病原微生物の駆除等の利点があり、菌類にとっては樹木の光合成で合成された産物の一部を分けてもらうことができるという相利共生の関係があると考えられている。菌類の子実体は人間がキノコとして認識できる大きさに育つものが多く、中には食用にできるものもある。土壌中には菌根から菌糸を通して、同種他個体や他種植物に繋がる広大なネットワークが存在すると考えられている[3][4][5][6][7][8]

モミは典型的な陰樹とされ、種子供給源となる母樹の近くの林冠に形成されたギャップにおいて稚樹が成長し更新していくと考えられている。また、土壌中に休眠した埋土種子を大量に蓄えるカバノキ属[9]マツ属ヒノキ科に見られる火災で開く晩生球果(serotinous cone)のような戦略ではなく、耐陰性の高い実生を母樹の周辺に大量に用意しギャップの形成を待っている。モミ実生の耐陰性は高く小さなギャップでも更新することができ、大規模なギャップ形成(大量の倒木や山火事)が起きないような環境ではイヌブナFagus japonica)などよりも優勢になっていくという[10]

ヒノキChamaecyparis obtusa)やツガTsuga sieboldii)と混交する森林においてモミの個体は傾斜40度を超える急斜面によく出現するが、ヒノキは出現しないという。これは急斜面での土砂の移動に対する耐性及びモミの種子が大きいことで発芽直後の成長がよく生存率に差が出たと考えられている[11]。根系は深根性で樹幹同様明瞭な直根を持つ。ヒノキと違いモミは小さな実生のうちから硬い土壌があっても深くまで値を伸ばすという[12]

モミの分布は太平洋側に偏っており日本海側には局所的に分布が知られるのみである。モミを欠く日本海側においてはスギCryptomeria japonicaヒノキ科)がその位置に出現するという[13]。スギ、特に日本海側(裏日本)に分布するウラスギ(裏杉)と呼ばれる系統はブナFagus crenata)と共に多雪環境に極めて適応していることで知られる[14]

モミはツクバネBuckleya lanceolataビャクダン科)という寄生性の樹木の寄生を受けることで知られる。ツクバネは自分で光合成をおこなうこともできる[15]が、吸根と呼ばれる特殊な根をモミの根に侵入させ養分を奪い取る[16]。樹上にヤドリギ類も付くことがある。モミに付くものとしてはマツグミ(Taxillus kaempferi オオバヤドリギ科)が知られる。なお、ツクバネ、マツグミともにモミ以外の樹木にも寄生する。何れも宿主となるモミはいくらかの成長阻害を受けていると考えられるが、よくわかっていない。

中間温帯とモミ[編集]

中間温帯は気候帯の一種で、温帯のうち暖温帯と冷温帯の間にあると考えられている気候区分である。生態学者の吉良竜夫(1919-2011)の定義では暖かさの指数だけ見た場合には暖温帯に属し、植生としては常緑広葉樹が優先するような場所であるのも関わらず、気温の年較差が大きい(=冬季の気温が低い)ために常緑広葉樹林が成立しないような区域を指す。モミ(およびツガも言われることが多い)やいくつかの広葉樹はこのような気象的なニッチがある場所に出現することが多いとされ、植生学・地理学・生態学などの面から注目されてきた。[17][18][19]このような環境に成立する森林は中間温帯林という呼び名のほか、「モミ・ツガ林」、「暖温帯落葉広葉樹林」と呼ばれることもある。

人間との関係[編集]

寒冷地に分布する種類が多いモミ属樹木の中では珍しく温帯に分布する種類であり、かつては東京や大阪近郊でも比較的普通に見られた樹木といわれる。東京都渋谷区にある地名「代々木」は、明治神宮に代々生えていたモミの巨木に由来するともいわれる。「代々木」のモミは空襲で失われ、都市近郊の里山に生えていたモミ林も大気汚染や開発でその多くが姿を消した。

象徴[編集]

神社においてしばしば大木に成長したモミが見られる。スギイチイTaxus cuspidataイチイ科)、クスノキCinnamomum camphora クスノキ科)、イチョウGinkgo biloba イチョウ科)などと並びご神木もしくはそれに準ずる扱いを受けることもある。長野県諏訪地方の祭り御柱祭で用いられる巨大な柱も「樅の柱」とされるが、樹種としては長野県内に分布しモミよりも寒冷地に耐える近縁種のウラジロモミAbies homolepis)だとされる。常緑樹を生命力の象徴や魔除けとして祭ることは日本に限らず、中国やヨーロッパでも知られた風習である。

木材[編集]

食料[編集]

モミを直接食べるという方法は知られていないが、モミと菌根を形成し栄養をやり取りするキノコを食べるということは間接的にモミを食べているともいえ、モミ林はこれらの菌根性キノコを栽培する場所ともいえる。モミの根は多種の菌類と共生し多様なキノコが発生する。

モミが多い地域ではアカモミタケ(Lactarius laeticolorベニタケ科)というキノコが有名である。この種はほかのキノコと見分けやすく紛らわしい有毒種が知られていないこと、まとまった収量が見込めること、味が良いことなどが人々に評価されている。ヨーロッパにおいてもこの種に極めて近縁で形態も酷似、生態面もモミ属樹木と共生するというLactarius salmonicolorが親しまれている。

脚注[編集]

  1. ^ Conifer Specialist Group 1998. Abies firma. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ 谷口武士 (2011) 菌根菌との相互作用が作り出す森林の種多様性(<特集>菌類・植食者との相互作用が作り出す森林の種多様性). 日本生態学会誌61(3), p311-318. doi:10.18960/seitai.61.3_311
  4. ^ 深澤遊・九石太樹・清和研二 (2013) 境界の地下はどうなっているのか : 菌根菌群集と実生更新との関係(<特集>森林の"境目"の生態的プロセスを探る). 日本生態学会誌63(2), p239-249. doi:10.18960/seitai.63.2_239
  5. ^ 岡部宏秋,(1994) 外生菌根菌の生活様式(共生土壌菌類と植物の生育). 土と微生物24, p15-24.doi:10.18946/jssm.44.0_15
  6. ^ 菊地淳一 (1999) 森林生態系における外生菌根の生態と応用 (<特集>生態系における菌根共生). 日本生態学会誌49(2), p133-138. doi:10.18960/seitai.49.2_133
  7. ^ 宝月岱造 (2010)外生菌根菌ネットワークの構造と機能(特別講演). 土と微生物64(2), p57-63. doi:10.18946/jssm.64.2_57
  8. ^ 東樹宏和. (2015) 土壌真菌群集と植物のネットワーク解析 : 土壌管理への展望. 土と微生物69(1), p7-9. doi:10.18946/jssm.69.1_7
  9. ^ 水井憲雄 (1993) 林床に5年間埋めた広葉樹種子の発芽力(会員研究発表論文). 日本林学会北海道支部論文集41, p.187-189. doi:10.24494/jfshb.41.0_187
  10. ^ 若松伸彦・石田祐子・深町篤子・比嘉基紀・吉田圭一郎・菊池多賀夫 (2017) モミ-イヌブナ林の50年間の林分構造の変化. 植生学会誌34(1), p.39-53. doi:10.15031/vegsci.34.39
  11. ^ 酒井武・倉本惠生・大黒正・田淵隆一 (1998) ヒノキ,ツガ,モミの種子散布と実生の発生・消長. 森林応用研究7, p.71-78. doi:10.20660/applfor.7.0_71
  12. ^ 益守眞也・山口順 (2005) 圧密土壌に対する根の成長反応の樹種特性. 樹木医学研究9(2), p.65-72. doi:10.18938/treeforesthealth.9.2_65
  13. ^ 四手井綱英 (1985) ものと人間の文化史 森林1. 法政大学出版会. 東京
  14. ^ 酒井昭 (1977) 植物の積雪に対する適応. 低温科学生物編34, p.47-78. hdl:2115/17828
  15. ^ 草野俊助 (1900) つくばね(Buckleya Quadriala B. et H.)ノ吸根(Haustorium)ノ構造. 植物学雑誌14(163), p.201-206. doi:10.15281/jplantres1887.14.163_201
  16. ^ 草野俊助 (1900) つくばね(Buckleya Quadriala B. et H.)ノ吸根(Haustorium)ノ構造(承前). 植物学雑誌14(165), p.263-268. doi:10.15281/jplantres1887.14.165_263
  17. ^ 野崎玲児・奥富清 (1990) 東日本における中間温帯性自然林の地理的分布とその森林帯的位置づけ. 日本生態学会誌40(2), p.57-69. doi:10.18960/seitai.40.2_57
  18. ^ 野上道男 (1994) 森林植生帯分布の温度条件と潜在分布の推定. 地学雑誌103(7), p.886-897, doi:10.5026/jgeography.103.7_886
  19. ^ 中静透 (2003) 冷温帯林の背腹性と中間温帯論. 植生史研究11(2), p.39-43. doi:10.34596/hisbot.11.2_39

関連項目[編集]

外部リンク[編集]