辻井達一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

辻井 達一(つじい たついち、1931年4月22日 - 2013年1月15日)は、植物生態学者。学生の頃から湿原の調査に取り組んできた。北海道環境財団理事長、環境省ラムサール条約湿地検討会座長。

東京生まれ。1954年北海道大学農学部卒業。理学博士。北海道大学農学部助教授、教授、同附属植物園長、北星学園大学教授を勤めた。2012年瑞宝小綬章受章。

2013年1月15日、死去[1]。2012年7月にルーマニアで開かれたラムサール条約締約国会議でラムサール賞を受賞、その帰国後に前立腺がんが見つかり入院していた。81歳没。

著書[編集]

  • ライラック 北海道テレビ社長室 1970(HTBまめほん)
  • 北大植物園 北海道テレビ放送 1976(HTBまめほん)
  • 湿原 成長する大地 中公新書 1987
  • 日本の樹木 都市化社会の生態誌 中公新書 1995
  • 続日本の樹木 山の木、里の木、都会の木 中公新書 2006

共編著[編集]

  • 北海道の花 鮫島惇一郎共著 北海道大学図書刊行会 1977.6
  • 北海道の樹 鮫島惇一郎共著 北海道大学図書刊行会 1979.4
  • 北海道の湿原 渡辺祐三共編 北海道大学図書刊行会 1982.7
  • オホーツクの植物 西田達郎共著 北海道新聞社 1983.3
  • 北海道自然と人 八木健三共編著 築地書館 1985
  • 宇宙から見た世界の森林 さまざまな森林のかたちと変化をめぐって 飯坂譲二共編著 共立出版 1986(シリーズ・宇宙から地球を科学する)
  • 北海道の湿原と植物 橘ヒサ子共編 前田一歩園財団 2002.10
  • 北海道の湿原 橘ヒサ子共編 北海道大学図書刊行会 2002.10
  • 北海道の湿原 写真集 岡田操 北海道大学図書刊行会 2003.3
  • 北海道の湿原と植物 橘ヒサ子共編 北海道大学図書刊行会 2003.3
  • 北海道の湿原 岡田操、高田雅之共編著 北海道新聞社 2007.5

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北海道環境財団理事長の辻井達一さん死去 朝日新聞 2013年1月15日閲覧