ツクバネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツクバネ
Buckleya lanceolata 2.JPG
福島県会津地方 2016年9月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ビャクダン目 Santalales
: ビャクダン科 Santalaceae
: ツクバネ属 Buckleya
: ツクバネ B. lanceolata
学名
Buckleya lanceolata
(Sieb. et Zucc.) Miq.[1]
和名
ツクバネ(衝羽根)[2]

ツクバネ(衝羽根、Buckleya lanceolata)は、ビャクダン科ツクバネ属落葉低木雌雄異株 [2][3]

特徴[編集]

ツガモミアセビなどに半寄生し、高さは1-2mになる。は直立するが、数多く分枝して水平に伸び、枝先はやや垂れ下がる。若いは緑色、古い枝は淡白灰色になる。は対生し、葉身は長卵形から広披針形で長さ3-7cm、幅1-4cmになり、先端は尾状に長くとがり、基部はくさび形になり、短い葉柄がある。葉の縁は全縁となるか芒状の細毛が生える[2][3]

花期は5-6月。は淡緑色で径約4mmと小さく目立たない。雄花は雄株に、雌花は雌株につく。雄花は枝先に集散花序につき、4裂した花被片が反り返り雄蕊が4個つく。雌花は雌株の枝先に1個だけつき、雄蕊は無く、葉状の細長いが4個つき、花被片は早く脱落する。子房は下位で短い花柱がある[2][3]。果期は10月。果実は長さ7-10mmの卵円形で、その先端には花の後に長さ3cmほどに大きくなった苞が残り、羽根つきの羽根に似る。

雌雄異株であるが、雄株と雌株が隣り合って生育していることが多い[4]

分布と生育環境[編集]

日本本州四国佐賀県長崎県大分県に分布する。

ツガ、モミ、アセビなどが生育するやせた山地の林下、林縁に生育する[2][3]

利用[編集]

若葉は食用にできる。また若い果実も塩漬けにして食用にできる[4]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ツクバネ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b c d e 『樹に咲く花(離弁花1) 山溪ハンディ図鑑3』pp.358-359
  3. ^ a b c d 『日本の野生植物 木本I』p.98
  4. ^ a b 『樹木(秋冬編) 新装版山溪フィールドブックス13』p.198

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔他編『日本の野生植物 木本I』、1989年、平凡社
  • 茂木透、太田和夫他『樹に咲く花(離弁花1) 山溪ハンディ図鑑3』、2000年、山と溪谷社
  • 永田芳男著『樹木(秋冬編) 新装版山溪フィールドブックス13』、2006年、山と溪谷社
  • 多田多恵子『身近な草木の実とタネハンドブック』文一総合出版、2010年、27頁。ISBN 978-4-8299-1075-7
  • 林弥栄『山溪カラー名鑑・日本の樹木』山と溪谷社、1985年、173頁。ISBN 4-635-09017-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]