出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリア・フョードロヴナの棺。後方の壁に掛けられているのは八端十字架

(かん、ひつぎ、柩)とは、遺体を納めて葬るための容器。

俗に、中身が入っていないものを棺、遺体が収められたものを「柩」とする説があるが、遺体が収められたものを家から火葬場に送り出すことを「出棺」(しゅっかん)といったり、棺に「ひつぎ」の訓があるように、「かん」と「ひつぎ」の使い分けはほとんどない。なお、遺体が収められたものを霊柩(れいきゅう)ともいい、それを運ぶための車(自動車)を霊柩車(れいきゅうしゃ)をもいう。

棺の種類[編集]

木製の場合は木棺(もっかん)、石造の場合は石棺(せっかん)と称される。

木棺には次のような種類がある。

  • 天然木棺
マキ、ヒノキ、モミなどの天然木を用いた木棺[1]。天然木棺は、主材が檜(ヒノキ)、樅(モミ)、桐(キリ)などの無垢材が用いられ高級品である。
  • フラッシュ棺
2枚のベニヤ材の間に芯材を入れて貼り合せた板材を用いた木棺[1]。フラッシュ棺は、薄いラワン合板の間に芯材を入れて貼り合わせ、表面に天然木(桐が主流)を薄くスライスしたものを貼った突板貼り合板棺、木目を紙に印刷したプリント合板棺、布を貼った布張り棺がある。

一方、熱帯雨林の保護や地球温暖化そして地球資源の有効活用から、環境に配慮した特殊段ボール製のエコ棺も出始めている。

また、形状はそれぞれ型、カマボコ型、型、型などがあり、外観には彫刻を施した総彫刻、五面彫刻、三面彫刻、二面彫刻などの彫刻棺もある。サイズは火葬場により入れられる寸法が異なる。蓋には遺体の顔を見られるように専用の蓋で開く小窓がついている事が多い。

棺の形態[編集]

棺の形態には座った姿勢で納める座棺と寝た姿勢で納める寝棺がある。寝棺が一般的だが、日本では江戸時代までは座棺が主流であった[1]

納棺の儀式[編集]

仏教[編集]

頭を北向き(不可能な場合は西向き)にする枕直しをし、胸の上で合掌させ手に数珠をかけたりする[1]

神道[編集]

納棺後、毎日朝・夕または毎朝、生前が好んだ常餞(調理した食べ物)か生餞(未調理の洗米、塩、水など)を供える[1]

キリスト教[編集]

神父や牧師の立会いのもと納棺は行われる[1]。会葬者一同で祈りを捧げ、聖書を朗読し、聖歌を歌う[1]

フランスの棺[編集]

舟形の棺に、故人が成人であるときは黒、子供であるときは白の布を掛け、故人のイニシャルのついた盾を乗せる風習がある[2]

日本の棺[編集]

弥生時代には、甕棺や墳丘墓に棺が使われた。弥生墳丘墓の棺は短く、内法で2メートル程度の組み合わせ箱形木棺が主流であった。中には底がカーブしており割竹形木棺のような棺もあり、組み合わせ石棺も北九州などにある。

古墳時代には、木棺や石棺が使われた。その形は様々で、木棺では刳り抜き式の割竹形(わりたけがた)、組合せ式箱形、長持形(ながもちがた)などがあり、石棺には割竹形、長持形などがある。

古墳時代に盛行した割竹形木棺(わりたけがたもっかん)は、直径1メートル前後のかなり太い丸木を縦に割り、内部を刳り抜いて大人1人の遺骸を収納できるようにした棺である。この名の由来は、竹を縦にわってつくったように見えることに由来するものと考えられる。舟形木棺(ふながたもっかん)も同じような造り方。棺の長さは平均でも5メートル前後、長いものは8メートルにもおよび、1人の遺骸を納めるには長すぎる。副葬品を入れるためとも思われるが、そればかりではないという意見もある。しかし、3分割して頭部上と足部下に各種品を納めている例もある。材質はコウヤマキが圧倒的に多い。

鎌倉時代からは型の棺(座棺)が主流となった。現在も使用されている「棺桶(かんおけ)」という呼称はこの形状に由来する。座棺はまだ火葬が主流になる前、土葬をする際に多く用いられた。戦前の瀬戸内地方を舞台とした映画の『カンゾー先生』でも、遺体を樽状の棺に入れて棒をわたし、男2人で棒を担いで運ぶシーンが登場する。火葬も可能であったがこの棺に対応する火葬場が少なく、薪木を燃料としていた場合は火力も弱かったので、実際に火葬が普及するのは戦後を待たなければならない。今日では土葬の減少もあって、主に寝棺が使われている。

アメリカの棺[編集]

遺体袋など可燃性の袋が使われるケースも多い[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 納棺”. 佐賀県霊柩自動車協会. 2017年2月7日閲覧。
  2. ^ 世界の葬送”. 公益社. 2017年2月7日閲覧。
  3. ^ アメリカの火葬史 火葬用に棺は必要ですか 葬仙ネットワークグループ(2017年6月29日閲覧)

関連項目[編集]