出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桶(結桶)

(おけ)とは、容器の一種である。家庭でを汲んだり溜めたりするための小型から、醸造業に使われる大型まで様々なサイズ・用途がある。歴史的に長く使われている製のほか、現代ではプラスチック製も多い。

樽と桶の区別について[編集]

日本では、桶とは良く似た形である。樽は胴体の材料として板目材のを使用する。付きを「樽」、蓋がないものを「桶」と呼ぶという説もある。例外も多いが、樽などは保存のため蓋が閉じられた状態が常であり、風呂桶は蓋が開けられた状態で使用することが普通である。

桶の歴史[編集]

桶の製造風景を捉えた浮世絵(『冨嶽三十六景 尾州不二見原』葛飾北斎)
桶の製造風景
天水桶
大桶の上に手桶を積む

木で作る円筒形容器の最古の形態は、木の幹を刳(く)り抜いた「刳桶」で、古くは弥生時代の遺跡からも出土する。続いて「曲桶」が発明され、平安時代には一般に広まった。これは、「曲物」(まげもの)とも呼ばれ、薄い板を円状に曲げ密着させたものであった。当初は麻糸をしまうためのとして用いられたとも言われ、「麻笥」「麻の笥」と書く古い表記も存在する。しかしこれらは強度的に弱く、またあまり大きなものは作れなかった。

中国から輸入された桶に影響を受け誕生したものが「結桶」(ゆいおけ)と呼ばれる、現在[いつ?]まで続く木製の桶である。直径に合わせて湾曲した刃を持つ特殊な道具でヒノキスギなどを割って細長い板にして円状に並べ、などを螺旋状に束ねた「」(たが)で巻いて締める結物構造となっている。接着剤等は使用しない。「棺桶」も元々は、このような製法による座をイメージした言葉であった。

大型の桶は、日本酒味噌醤油醸造に使われた。第二次世界大戦後はプラスチックや琺瑯金属製タンクでの醸造へ切り替えが進んだ[1]が、現代でも木桶仕込みにこだわる醸造元も多い(醤油「角長」、八丁味噌や日本酒などの老舗蔵元)ほか、新政酒造(秋田市)のように木桶へ回帰したり、剣菱酒造(兵庫県神戸市)のように木製酒造用具を自作したりする酒蔵もある。

日本酒業界では、桝一市村酒造場(長野県小布施町)が2000年代、各地の蔵に保管されていた酒桶の再利用を呼び掛け、30軒ほどの蔵元が賛同した。だが新注する蔵は少なく、醸造用の大型桶を作れる数少ない企業である藤井製桶所(大阪府堺市)は廃業を考えていた。これに対して香川県小豆島のヤマロク醤油が新規発注とともに技術の継承を申し入れ、新政酒造向けなどの桶の製造に取り組んでいる。

木桶は雑菌による腐造リスクがある半面、うまみや香りが増すメリットがある[2]。また、呼称は「樽」であるが、世界最大の木樽はフンドーキン醤油(大分県臼杵市)で使われている。

日用品としての桶は江戸時代、多くの家庭に常備されるようになった。この桶は江戸時代の食料などの保存・運搬に多大な影響を与えた。防火用に雨水を貯めておく天水桶は、寛政以降に一般化した[3]

現在[いつ?]日本では運搬や保存の用途で木製の桶が用いられる機会は減り、プラスチック容器にとって代わられた。現在日常的に用いられるのは風呂桶(バスタブ)や湯桶(ゆおけ。用途によっては洗面器とも)などである。広告媒体を兼ねて銭湯に置かれるケロリン桶が有名である。

また、楽器としてもパーカションの一種として使われ、製の湯桶を裏底を表にして棒等の支えを裏に取り付けて、パーカッションセットに組み込んでいる。裏底をドラムの様にドラムスティックで叩いて音を出す。たま (バンド)石川浩司が演奏していた事で知られている。

慣用句[編集]

さまざまな桶[編集]

湯桶

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 桝一市村酒造場(2018年2月21日閲覧)
  2. ^ 木桶にこだわり造る「天使の分け前」も一興/古くて新しい伝統 絶やさない『日本経済新聞』朝刊2018年2月11日(NIKKEI The STYLE)
  3. ^ コトバンク 天水桶(日本大百科全書ニッポニカ)”. 2016年12月26日閲覧。
  4. ^ 創業から続く「木桶蒸留」の話|伝兵衛蔵だより|伝兵衛蔵|濵田酒造現代の名工 晴れの栄誉! |報道発表資料|厚生労働省_別添 平成23年度 卓越した技能者表彰_p.27_第13部門_おけ・たる製造工_津留辰矢_2011年11月14日(現代の名工)