木棺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木棺(もっかん)とは、遺骸を収める木材で造ったもの。

概要[編集]

棺には、木棺の他に壺棺・甕棺・石棺・陶棺・漆棺などがある。
材料の入手性や加工の容易さ、火葬の習慣などから、日本では古代から絶えることなく使用されている。

板材を組み合わせて造られた組合式(くみあわせしき)と木材を刳り抜いて蓋と身を造った刳抜式(くりぬきしき)とがある。
組合式木棺は、縄文時代晩期後半に稲作とともに北九州に渡来し、現在まで用いられている。

刳抜式木棺は、割竹形(わりたけがた)木棺を中心に、弥生時代終わり頃に大陸から伝来し、古墳時代初期では多用されたていたが、後期には箱形木棺に取って代わられた。

組合式木棺・刳抜式木棺は、ともに遺体を仰向けや横向けに納める寝棺であるが、江戸時代以降には座った姿勢で納める座棺も出現した[1]
座棺には平面円形と方形のものがあり、円形のものは早棺や桶棺、方形のものは立棺や箱棺などと呼ばれる。

種類[編集]

  • 組合式は箱形が一般的で、縄文時代晩期の西日本に出現し、弥生時代以降は西日本で発達した。
  • 刳抜式
    • 割竹形木棺:小型のものが弥生時代後期に出現した。
    • 舟形木棺  :弥生時代や古墳時代に見られる。

脚注[編集]

  1. ^ 座った姿勢で埋葬することは弥生時代中・後期の吉備や北海道地方でも見られる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]