横穴式石室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横穴式石室(よこあなしきせきしつ)とは、日本においては、古墳時代後期に古墳の横に穴をうがって遺体を納める玄室へつながる通路に当たる羨道(せんどう)を造りつけた石積みの墓室のことをいう。

イギリスの古墳(羨道墳、Passage grave)などヨーロッパインドなどでも普遍的に見られる墳丘墓の内部施設であるが、特に日本の場合は、古墳時代前期の粘土槨による竪穴式の墓室や竪穴式の石室に対する概念として、中国の塼槨墓(せんかくぼ)の影響を受けながら、新羅などの朝鮮半島諸国や日本で発展・盛行した横穴式の古墳内部施設としての墓室を指す概念である。

高句麗の影響が、5世紀頃に百済伽耶諸国を経由して日本にも伝播したと考えられ、主に6~7世紀の古墳で盛んに造られた。奈良県石舞台古墳のような巨石を用いるもの(石舞台の場合は墳丘が喪失している)が典型的であるが、中国の塼槨墓を意識したような切石や平石を互目積(ごのめづみ)にした磚槨式石室と呼ばれるものもある。

日本での横穴式石室[編集]

日本列島でも横穴式石室や横穴系墓室は、4世紀後半から北部九州で造られ、それが九州全域に拡がり、東の方へ伝わった。

代表的・特異な構造石室[編集]

  • 石舞台古墳(奈良県高市郡明日香村)巨大な花崗岩を積み上げた両袖式の石室。石棺は、凝灰岩製の家形石棺であったと推定されている。
  • 見瀬丸山古墳(奈良県橿原市)全長28.4メートルで、全国第1位の規模である。最も大きな石材は100トンにも達すると推定されている。
  • 花山塚古墳(奈良県桜井市)朝鮮半島の磚槨墳によく似た、磚(レンガ)積みの石室。被葬者は渡来系と推定される。
  • 文殊院西古墳(奈良県桜井市)切石積みの精美な石室。横穴式石室の最終形とみられる。
  • 段の塚穴(徳島県美馬郡美馬町)の太鼓塚・棚塚2古墳の石室は、天井の内面がいくらか弓状に盛り上がり、平面形が胴張りで膨らんでいる形状に工夫されている。周辺の26基の古墳も同じような工夫が成されている。

脚注[編集]

  1. ^ 初期の横穴式石室で、長さ3.95メートル、幅2.25メートルの玄室に、狭く短い羨道(せんどう、えんどう)がつき、8体が埋葬されていた。玄室内には3個の箱式石棺を設け、5世紀前半~中頃の築造と考えられている。佐田茂「肥前国成立前夜」 杉谷昭・佐田茂・宮島敬一・上山恒雄『佐賀県の歴史』山川出版社 2002年 29ページ

関連項目[編集]