ビャクダン科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビャクダン科
Starr 021209-0012 Santalum ellipticum.jpg
Santalum ellipticum
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ビャクダン目 Santalales
: ビャクダン科 Santalaceae
学名
Santalaceae
R.Br. (1810)

本文参照

ビャクダン科 (Santalaceae) は被子植物の一つで、世界中に広く分布し、他のビャクダン目と同じく半寄生の性質を持つ。木本または草本。

分類[編集]

APG植物分類体系の2003年版ではコア真正双子葉類ビャクダン目に分類される。その分類法では以前に扱われていたよりも分類群の区切りが大きくなっており、エレモレピス科 (Eremolepidaceae) とヤドリギ科 (Viscaceae) はビャクダン科に編入されている。

[編集]

ビャクダン科(APG分類体系)は45属およそ1000種を含む。

  • Acanthosyris
  • Amphorogyne
  • Antholobus
  • Arjona
  • Austroamericium
  • ツクバネ属 Buckleya
  • Cervantesia
  • Choretrum
  • Cladomyza
  • Colpoon
  • Comandra
  • Daenikera
  • Dendromyza
  • Dendrotrophe
  • Dufrenoya
  • Elaphanthera
  • Exocarpos
  • Geocaulon
  • Jodina
  • Kunkeliella
  • Leptomeria
  • Mida
  • Myoschilos
  • Nanodea
  • Nestronia

以下はヤドリギ科とされていた。

以下はエレモレピス科とされていた。

  • Antidaphne
  • Eremolepis
  • Eubrachion
  • Lepidoceras

外部リンク[編集]