カバノキ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カバノキ属
Birch01s2048.jpg
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: ブナ目 Fagales
: カバノキ科 Betulaceae
: カバノキ属 Betula
学名
Betula L.
和名
カバノキ属
英名
Birch
  • 本文参照

カバノキ属(カバノキぞく、学名Betula)は、カバノキ科の1属。カバカンバ(樺)、カバノキ(樺の木)などと総称する。木材としてはしばしばカバザクラ(樺桜)、あるいは単にサクラ(桜)とも呼ぶ。

世界に約40種、日本に約10種がある(分類によって数は一定しない)。落葉広葉樹で、北半球の亜寒帯から温帯にかけて広く分布する。高原の木として知られるシラカバ亜高山帯ダケカンバが代表的である。

用途[編集]

木目の美しさでは桜や楢に劣るが、比較的安価であるので家具やフローリング材に、楢や桜の代用品として使用される。廉価な商品に使われることが多い。濃い目に塗装してウオルナットやチークの代用品としてもよく使用される。

[編集]

下記に主な種を記載する[1]

雑種[編集]

  • Betula x avaczensis オクエゾシラカンバ

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 木の一覧
  • ビョーク - アイスランド出身の歌手。名前の「ビョーク (Björ) 」はカバノキを意味する。
  • 枝むち - しばしばカンバの枝で作られる