ミズメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミズメ
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: ブナ目 Fagales
: カバノキ科 Betulaceae
: カバノキ属 Betula
: ミズメ B. grossa
学名
Betula grossa Sieb. et Zucc.[1]
和名
ミズメ、ヨグソミネバリ、アズサ、アズサカンバ、[1]
英名
Japanese Cherry Birch

ミズメBetula grossa)は、カバノキ科カバノキ属落葉高木ヨグソミネバリ(夜糞峰榛)、アズサ(梓)とも呼ばれる。樹皮や材観がサクラに似ていることから、ミズメザクラ(水目桜)とも呼ばれる。

古くは国内木材の中から最も高い弾力性を生かし梓弓を作るときに使用されていた。下記のサリチル酸メチル由来芳香もあり魔除けの意味もある。皇太子徳仁親王お印でもある。

サリチル酸メチルを多く含み、枝を折ると独特のにおいがする。「夜糞」という名もこのにおいによるらしい。実際にはサリチル酸メチルは悪臭よりも芳香であるため香料にも使われる。

なお、「梓(し)」は、本来この種を指す漢字ではなく、中国ではノウゼンカズラ科キササゲのことである。

脚注[編集]

  1. ^ a b 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants 和名-学名インデックス(YList) ミズメ”. 2015年10月10日閲覧。