桑ノ木の滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桑ノ木の滝
Kuwanoki-no-taki.jpg
位置 北緯33度43分20秒
東経135度56分9.6秒
所在地 和歌山県新宮市
落差 21m
滝幅 8m
水系 高田川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
途中にある相賀八幡神社

桑ノ木の滝(くわのきのたき)は、和歌山県新宮市にあるで、日本の滝百選の1つである。

概要[編集]

高田川の支流にあり、ヤマグワが自生していたことから桑の木谷と名付けられた。また、高田川には20ぐらいの滝がある。 滝には、アメノウオ(アマゴ)が川中にを入れないでほしいと言ったという昔話がある

アクセス[編集]

新宮駅から、熊野交通・高田線の相賀バス停(和歌山県道230号)で下車。南側にある桑ノ木橋を渡ると案内看板がある

周辺[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]