高千穂峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高千穂峡

高千穂峡(たかちほきょう)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井にある五ヶ瀬川にかかる峡谷である。国の名勝天然記念物に指定されている(五箇瀬川峡谷(高千穂峡谷))。

概要[編集]

阿蘇カルデラをつくった火山活動によって、約12万年前と約9万年前の2回に噴出した高温の軽石流火砕流の一種)が、当時の五ヶ瀬川の峡谷沿いに厚く流れ下った。この火砕流堆積物が冷却固結し溶結凝灰岩となり、柱状節理が生じた。溶結凝灰岩は磨食を受けやすいため、五ヶ瀬川の侵食によって再びV字峡谷となったものが高千穂峡である。高さ80〜100mにも達する断崖が7kmにわたり続いており、これを総称して五ヶ瀬川峡谷(高千穂峡)と呼ぶ。

昭和9年(1934年11月20日に名勝、天然記念物に指定された(「五箇瀬川峡谷(高千穂峡谷)」)。昭和40年(1965年3月25日には祖母傾国定公園に指定された。

真名井の滝[編集]

真名井の滝
Takachiho-gorge.jpg
位置 北緯32度42分3秒
東経131度18分2秒
所在地 宮崎県高千穂町
落差 17m
水系 五ヶ瀬川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

真名井の滝(まないのたき)は、高千穂峡の川幅が狭まった部分に流れ落ちるである。日本の滝百選の一つ。

峡谷の崖上は自然公園となっており、その中にある「おのころ池」より流れ落ちる水が真名井の滝となっている。

神話によれば天村雲命(あめのむらくものみこと)という神が天孫降臨の際に、この地に水がなかったので水種を移した。これが天真名井として湧水し、滝となって流れ落ちているといわれている。

夏季は午後10時まで滝周辺がライトアップされ幻想的な雰囲気を出している。

観光[編集]

「真名井の滝」付近は峡谷に沿って遊歩道が整備されており、「真名井の滝」や「仙人の屏風岩」、「槍飛橋」などを観光しながら高千穂神社まで歩いていくことができる。なお、「槍飛橋」から高千穂神社までは、悪路ではないが階段状の山道がつづくので歩く場合は歩きやすい靴や服装の方が良い。

また、峡谷は貸しボートで遊覧できるようになっており、峡谷に流れ落ちる日本の滝百選の一つである「真名井の滝」の至近まで近づくことが出来る。

夏には近くのお茶屋でそうめん流しが楽しめる。

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度42分29.4秒 東経131度17分56.2秒 / 北緯32.708167度 東経131.298944度 / 32.708167; 131.298944 (高千穂峡)