関温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:風景の画像提供をお願いします。2016年11月
Hot springs 001.svg関温泉
温泉情報
所在地 新潟県妙高市
交通 鉄道:えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン関山駅よりバスで約20分
泉質 塩化物泉
泉温(摂氏 48.8 ℃
宿泊施設数 11
テンプレートを表示

関温泉(せきおんせん)は、新潟県妙高市(旧国越後国)にある温泉妙高戸隠連山国立公園区域内にある。

泉質[編集]

  • ナトリウム - 塩化物、炭酸水素塩泉

温泉街[編集]

妙高山の東麓、標高約900mの高所に11軒の旅館が存在する。

近くには、関温泉スキー場が存在する。作詞家の荒木とよひさは、日大スキー部員としてこよなくここを愛し、「四季の歌」を作った。

古くは共同浴場が3軒(上の湯、中の湯、下の湯)存在したが、現存はしていない。そのため、日帰り入浴は旅館を利用することになる。

歴史[編集]

開湯伝説によれば、弘法大師の発見とされる。戦国時代は「関山の湯」という名前で上杉謙信隠し湯であった。温泉地として整備され始めたのが享保年間である。

昭和47年7月29日 - 環境庁告示第11号により、燕温泉と共に国民保養温泉地に指定。

2004年9月1日松田忠徳大河内正一らの指導のもと、「源泉100%かけ流し宣言」を行った。

アクセス[編集]