攝津正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • 攝津正
  • 摂津正
攝津 正
Settu tadashi.jpg
2012年8月1日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県秋田市
生年月日 (1982-06-01) 1982年6月1日(37歳)
身長
体重
181 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト5位
初出場 2009年4月5日
最終出場 2018年7月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2013年
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球

攝津 正(せっつ ただし、1982年6月1日 - )は、秋田県秋田市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

「攝」が旧字のため、報道では新字を使った「摂津」という表記も使用される[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

秋田経法大付属高校では1年夏からベンチ入りし、3年時の2000年にはセンバツに出場(チームメートには加藤光教がいた)。

高校卒業後はJR東日本に入社し、東北硬式野球部に所属。3年目から登板機会を増やし、社会人日本選手権東北二次予選では最優秀選手賞を受賞した[2]2004年からチームのエースとなる[2]

2004年の都市対抗では、初登板となった1回戦の日本通運戦で8回2/3を2失点で東京ドーム初勝利[2]。社会人7年目だった2007年の都市対抗東北二次予選では4試合に登板し防御率0.89[2]。同年9月には、第37回IBAFワールドカップ台湾大会の日本代表候補選手選考合宿が行われ、JR東北が練習相手を務め攝津が登板し3回無安打無失点[2]。このピッチングが高く評価され、候補選手ではなかったが急遽第37回IBAFワールドカップ日本代表に選出され[2]、予選リーグの第1戦の南アフリカ戦に先発、8回まで7者連続を含む17奪三振を記録し勝ち投手となり[2]、第4戦のパナマ戦、準々決勝のオーストラリア戦、3位決定戦のオランダ戦にも先発で登板し4戦全勝[2]、28回2/3を投げて自責点1(防御率0.31)、奪三振36、同大会優秀投手(右投手部門)に選出された。

2008年、初優勝した東北大会では、3試合完投(うち2試合は完封)してMVPを獲得した[2]。同年7月4日、第79回都市対抗野球の東北第2代表決定試合(TDK戦)に先発。野田正義との投げ合いは延長16回2-2の引き分けで翌日再試合となったが、その再試合にも中盤からリリーフ登板し、最後まで投げきった。2日間で25回350球を投げた[2]。都市対抗野球大会に7度(補強含む)出場。

2008年度プロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスから5位指名され入団。背番号は50

プロ入り後[編集]

2009年
2009年
オープン戦の好成績が評価され開幕一軍入り。5月8日の対埼玉西武ライオンズ戦で、中継ぎ投手として1回1/3を無失点に抑えプロ初勝利。ゲーム終盤で攝津、ブライアン・ファルケンボーグ馬原孝浩の継投で逃げ切る勝ちパターンが確立し、この勝利の方程式は「SBM」と命名された。オールスターでは、ファン投票中継ぎ部門から新人でただ一人選出され、緊張のあまり整列時のハイタッチを忘れる一幕もあった。第2戦で登板する予定だったが、第1戦で1点リードの8回一死二、三塁の場面で緊急登板し、無失点に抑えた。9月15日、登板63試合で藤岡好明の持つパ新人最多登板記録(62試合)を更新。前日は発熱で試合を欠場していたが、無死満塁のピンチを併殺と三振で切って取った。9月17日には33ホールドを記録し球団記録を更新。10月11日のシーズン最終戦で70試合登板に到達し、1959年杉浦忠、2000年の吉田修司の69試合を上回って球団新記録を樹立した。林安夫の新人最多登板(71試合)には届かなかったが、70試合は同年のリーグ最多登板で、39ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手新人王のタイトルを獲得した。オフには球団から背番号を篠原貴行の付けていた16に変更するという打診があったが、「50の攝津で覚えられた」と攝津はこれを固辞。年俸は3,800万円アップの5,000万円で一発更改した。
2010年
前年の疲労や2年目のジンクスが心配されていたが、開幕からSBMの一員として盤石の地位を確立した。5月中旬に甲藤啓介が方程式に加わり、SBM48が確立。中盤から終盤には森福允彦オリックスから移籍してきた金澤健人も安定した投球をみせ、ホークスの中継ぎ陣の防御率は12球団唯一の2点台(2.84)であった。攝津はその筆頭格として71試合に登板し、稲尾和久以来となる2年連続70試合登板を達成した。オフの契約更改では年俸1億円を提示されるも、「3年やって一人前の世界」として9,500万円で契約した[3]
2011年
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で、自身が8年間在籍していたJR東北が被災した際には、義援金を送り、後日見舞いにも行った[4]。シーズンでは前述の2年連続70試合登板の勤続疲労が心配され、本人の意向や右の先発の柱が不在のチーム事情もあり先発に転向。オープン戦や練習試合など、対外試合31イニングで1失点という形で開幕を迎えた。プロ初先発となった4月16日の対西武戦では打ち込まれたものの、2回目の先発となった24日熊本の藤崎台県営野球場での対千葉ロッテマリーンズ戦で8回、103球を投げ3失点で初勝利を挙げた。その後は交流戦で初完投・初完封を達成するなど中継ぎ時代からの安定感は健在で、14勝を挙げ優勝に貢献した。
CS第二ステージでは第2戦に先発し勝利した。このとき第6戦までもつれればリリーフ待機する予定であったが、結果的に3戦で決着がつき中継ぎ登板は無かった。
日本シリーズでは3戦目に先発し7回1失点で勝ち投手になり、5戦目、7戦目は中継ぎで登板し1回1/3を無失点で抑え日本一に貢献した。年俸は1億9,000万円と倍増した。
2012年
春季キャンプ開始直後に監督の秋山幸二から開幕投手に指名され、キャンプ・オープン戦でも好調を維持した。開幕10日前に背中の張りを訴えたが、回復して開幕戦に先発し勝利投手となった。その後はソフトバンクのエースとして躍動。地元秋田こまちスタジアムで行われた8月1日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では完封勝利[5]。8月1日の楽天戦から9月30日の対北海道日本ハムファイターズ戦まで8連勝。両リーグ最多となる17勝を挙げ、最多勝最高勝率沢村栄治賞のタイトルを手中に収めた。沢村賞歴代受賞者としては過去最少の完投数である[6]。また、プロ野球史上初となる最優秀中継ぎ投手と沢村賞を持つタイトルホルダーとなった。
シーズンオフの12月4日に、第3回WBC日本代表候補選手34人の候補入りした[7]
契約更改では、プロ入り5年目では最多年俸となる1億円増の2億9,000万円でサインした[8]
2013年
2月20日に、第3回WBC日本代表選手28人が発表され、これに代表入りした[9][10]
シーズンでは、2年連続で開幕投手を務め、6回1失点で勝利投手となる。交流戦に入ってからはやや調子を落とすものの、それ以降は安定したピッチングを続け、7月27日には日本ハムを相手に完封勝利。この時点で3年連続となる2桁勝利を達成した[11]。夏場以降も、先発投手陣が軒並みノックアウトする中でただ1人力投を続け、9月6日のオリックス戦では2年連続となる15勝目をマーク[12]。しかしそれ以降は打ち込まれる試合が目立ち、勝ち星を伸ばすことは出来なかった。最終的に防御率は自己ワーストの3.05、投球回数も先発転向後最少となる162回1/3にとどまったが、勝利数ではリーグ2位タイの好成績を収めた。契約更改では、球界最速の6年目で年俸4億円に到達した。オフに一般女性と結婚[13]
2014年
この年も開幕投手を務め、7回途中4失点自責点3で、球団史上初の3年連続開幕戦勝利投手となるも[14]、1年を通して不安定な投球が続き、5月には右肩の筋疲労で登録抹消[15]。最終的に4年連続となる2桁勝利こそ達成したものの、防御率、与四球、奪三振のいずれも自己ワーストとなり、規定投球回にも未達となった。特にシーズン終盤は大量失点が続き[16][17]CSでもファイナルステージ第3戦に先発したが、陽岱鋼の2打席連続を含む3本塁打を浴びるなど2回7失点[18]。一方、日本シリーズでは最終戦となった第5戦に先発し、6回無失点と好投した[19]。オフには現状維持の年俸4億円で契約更改[20]
2015年
4年連続の開幕投手となり、8回2失点自責点0と好投したが、味方打線の援護に恵まれず敗戦投手となった[21]。その後の前半戦は、前年同様に安定せず、開幕から12試合で4失点以上を7度も記録[22]。特に被本塁打は、6月12日時点で自己ワーストの12本を記録するなど大幅に増えた[22]。同日のセ・パ交流戦、対広島東洋カープ戦で、6回5失点で敗戦投手となったことで二軍降格[22][23]。成績不振による登録抹消はプロ入り初となった[23]。約1か月二軍で調整(この間、打撃投手も経験した[24])した後、オールスター明けの7月21日のロッテ戦で一軍復帰。以降は安定感を取り戻し、順調に白星を重ね、9月10日の日本ハム戦で10勝目を上げたことで、5年連続二桁勝利を達成[25]。これ以降は勝ち星を伸ばすことは出来なかったが、最終的に防御率などは前年より改善された。シーズン中に国内FA権を取得したが、行使せずに複数年契約を締結したことをオフに発表した[26]
2016年
オープン戦の成績は他のローテーション投手より劣っていたものの、過去の開幕戦の相性の良さを買われ5年連続の開幕投手を務める。しかし、3回6失点(自責5)と打ち込まれた。4月1日の日本ハム戦では、初回に中田翔に3ランを浴びたが7回を3失点とゲームを作った。しかし3回目の登板となった4月7日のロッテ戦で5回途中7失点の大炎上、試合は合計17失点となり、2002年のダイエー時代以来の不名誉記録となった。この試合終了時点で防御率9.42、WHIP1.98となり、試合終了後二軍落ちとなった。
2017年
日本ハムとのオープン戦で4回無失点と好投したものの[27]読売ジャイアンツとのオープン戦で5回6安打5失点と打ち込まれ、開幕ローテーションから外れる[28]。4月15日に行われた対オリックス戦で今季初登板を迎えるが、4回3失点の結果となる[29]。5月6日の対ロッテ戦において、敗戦投手ながらも121球を投げ、2年振りの完投を記録するが[30]、その後も状態が上がらず、5月25日から二軍での再調整となった[31]。9月24日に行われた対楽天戦において、4ヵ月振りに登板。勝ち星に恵まれなかったが、6回まで無失点の好投をみせる[32]。10月1日の対オリックス戦においては、久々の中継ぎ投手としての登板で、3回を無安打無失点で完全に抑え[33]、2010年以来、7年振りのホールドを記録する。ポストシーズンは、横浜DeNAベイスターズとの日本シリーズ第4戦に中継ぎ投手として登板したが1回3失点の内容で、チームは日本一になったものの第5戦、第6戦ではベンチから外れた。
2018年
3年契約の最終年、5月22日の対西武戦で5回で5四球を与えたものの3安打無失点に抑え618日ぶりの1軍での勝利を挙げるも、中13日で登板した次のヤクルト戦では3回ノックアウトと安定せず[34][35]、6月13日対巨人戦で6回途中まで3安打2失点に抑え2勝目を挙げたが[36]、その後1軍での勝利はなく、2勝4敗防御率5.16でシーズンを終える。11月4日、球団より次年度契約を結ばない選手の1人として発表された[37]。他球団での復活を目指し、みやざきフェニックス・リーグでも懸命に投げたが、オファーは無く、12月29日、引退を決断[38]。2019年1月8日、福岡ヤフオク!ドームで記者会見を行い、正式に引退した。通算成績は282試合出場79勝49敗1セーブ73ホールド、防御率2.98だった[39]。11月26日、任意引退公示された。

現役引退後[編集]

選手としての特徴[編集]

フォームはオーソドックスなオーバースローだったが現在はテークバックの小さなコンパクトなフォーム[41]。平均球速約139km/h[42]、最速148km/hのストレートと緩急2種類のシンカースライダーカーブ[43]を投げ分ける。

意表をついて内角を狙うストレートをカウントアップ自己ベスト886点というダーツの腕前を生かした制球力で投げ分け、打者を打ち取っていく[43][1]。シンカーは三振を奪う際やカウントを取る際など状況に応じて変化を変えており[43]、2009年は投球の76パーセントが低めに集まっていた[44]。リリーフとして起用された2009年から2010年にかけては、平均球速142km/hを記録したストレートで4球に1回近い割合で空振りを取り[45]、リリーフでの奪三振率は10.61を記録した。

先発として起用されるようになった2011年からの通算与四球率2.06の抜群の制球力を誇る。コーナーをつく投球のためリリーフとして起用された2010年までは与四球率3.11と四球が多かったが、逆球率は5パーセント弱と低かった[46]。選手からも制球力の評価が高く、今江敏晃は「攝津さんってコントロールムチャクチャいいんですよ。テンポもいいしテークバックが極端に小さいからタイミングが取りづらい。」と話し[47]ブライアン・ファルケンボーグD.J.ホールトンからも高く評価され[48]、2011年の『すぽると!』で放送された、プロ野球選手100人が選んだ「この選手がすごい!コントロール部門」では3位に選ばれた[49]。その制球力を理由にソフトバンク球団会長の王貞治をして「メジャーでも即通用する投手」として名を挙げられた[48]山田大樹は攝津のシンカーの握りをまねし、落ちる球をマスターしている[50]

登板した際は、投球練習を終えた後、センター方向の旗を見て小さく数回ジャンプするという行動を行っている[51]。本人曰く「気持ちをリセットして、さあやるぞっていう自分への合図みたいなもの」だという[51]

西武ドームを得意としており、2014年に1度負けているもののほとんど勝利を収めている。

社会人時代4年目に無駄な動きを極力なくした投球フォームに改造し[2]、これが現在のテークバックの小さいフォームの基礎になっている[2]

人物[編集]

愛称は「セッツ様」、「せっつん」など。基本的に無口であり、ヒーローインタビューではアナウンサーから問われたこと以外を自分から話し出すことはほとんどなかった。

「平常心」が座右の銘であり[1]、ピンチにも動じない投球を見せる[43]

自身の先発試合での始球式では、マウンドに立つのがアイドルであろうと芸人であろうと全く関心がないかのようにグローブを右脇に挟み仁王立ちする姿が話題となり、ホークスから公式的に「攝津立ち」と名づけられた。本人によれば、内心では「うわーっ!この人有名な人だ」と思っていたが、投球前だったので平静を装っていたという。

趣味は魚釣り[52]。幼い頃より現在も続けており、その知識・腕前は相当なもの。

プロサッカー選手の摂津颯登とは血縁関係がある(〈颯登から見て〉「父方の祖父のいとこの孫」)[53]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 ソフトバンク 70 0 0 0 0 5 2 0 34 .714 321 79.2 51 3 35 2 1 102 3 0 13 13 1.47 1.08
2010 71 0 0 0 0 4 3 1 38 .571 315 82.1 52 3 21 2 5 89 1 0 23 21 2.30 0.89
2011 26 26 3 1 0 14 8 0 0 .636 699 177.2 148 10 31 1 6 150 2 0 57 55 2.79 1.01
2012 27 27 3 2 1 17 5 0 0 .773 770 193.1 148 8 54 0 2 153 1 0 46 41 1.91 1.04
2013 25 25 3 1 1 15 8 0 0 .652 662 162.1 138 11 42 0 8 146 3 0 68 55 3.05 1.11
2014 22 22 1 0 0 10 8 0 0 .556 576 134.0 113 10 59 0 8 85 3 0 63 58 3.90 1.28
2015 20 20 2 0 1 10 7 0 0 .588 566 134.0 130 14 45 0 4 92 1 0 61 48 3.22 1.31
2016 7 7 0 0 0 2 2 0 0 .500 164 37.0 42 3 13 0 3 21 1 0 24 23 5.59 1.49
2017 7 6 1 0 0 0 2 0 1 .000 147 33.2 37 2 12 0 1 21 0 0 21 21 5.61 1.46
2018 7 7 0 0 0 2 4 0 0 .333 134 29.2 28 7 18 0 1 23 0 0 19 17 5.16 1.55
NPB:10年 282 140 13 4 3 79 49 1 73 .617 4354 1063.2 887 71 330 5 39 882 15 0 395 352 2.98 1.14
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別投手成績所属リーグ内順位[編集]


















2009 27 パ・リーグ - - 1位 - -
2010 28 - - 2位 - -
2011 29 5位 - - 6位 9位
2012 30 1位 - - 3位 3位
2013 31 2位 - - 3位 4位
2014 32 9位 - - - -
2015 33 10位 - - - -
2016 34 - - - - -
2017 35 - - - - -
2018 36 - - - - -
  • -は10位未満(防御率は規定投球回到達未満の場合も-と表記)

タイトル[編集]

表彰[編集]

沢村賞と最優秀中継ぎ賞、両方を受けた投手は2018年現在攝津のみ。

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 50 (2009年 - )

登場曲[編集]

[55]

代表歴[編集]

出演情報[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 木村健一 (2009年6月9日). “遅咲き27歳 度胸が売り 摂津正(ソフトバンク・投手)”. スポーツ人物館 新戦力編. 朝日新聞社. 2009年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 「GS SPECLAL FEATURE 攝津正」『GRAND SLAM』No.38、小学館、2011年11月30日、50 - 54頁。ISBN 978-4091023742
  3. ^ “ソフトB摂津「まだ早い」1億円断る”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2010年12月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/koukai/2011/news/p-bb-tp1-20101208-711424.html 2016年11月8日閲覧。 
  4. ^ “摂津先発転向で“変身” 秘密兵器のカーブで手玉に”. Sponichi Annex. スポニチ Sponichi Annex. (2011年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/16/kiji/K20111116002039650.html 2011年11月23日閲覧。 
  5. ^ 押谷謙爾 (2012年8月2日). “ソフトB摂津故郷秋田で初完封10勝”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120802-993688.html 2016年11月8日閲覧。 
  6. ^ 大池和幸 (2012年10月30日). “摂津が沢村賞!転向2年「最優秀中継ぎ」”. 日刊スポーツ新聞社. http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20121030-1039790.html 2016年11月8日閲覧。 
  7. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表候補選手”. NPB.jp 日本野球機構 (2012年12月4日). 2015年4月3日閲覧。
  8. ^ “摂津がダル超え!5年目史上最高額2・9億円”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2012年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/12/26/kiji/K20121226004851640.html 2013年10月30日閲覧。 
  9. ^ 2013 Tournament Roster” (英語). WBC公式サイト. 2015年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月2日閲覧。
  10. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表メンバー”. NPB.jp 日本野球機構 (2013年2月20日). 2015年4月2日閲覧。
  11. ^ “摂津3年連続2桁勝利 ソフトバンクでは杉内以来”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2013年7月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/28/kiji/K20130728006309570.html 2013年10月30日閲覧。 
  12. ^ “ソフトB 摂津 2年連続15勝 2位ロッテに1・5差”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2013年9月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/07/kiji/K20130907006566050.html 2016年11月8日閲覧。 
  13. ^ “【ソフトB】摂津が一般女性と結婚”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2013年11月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131126-1223528.html 2015年1月7日閲覧。 
  14. ^ “摂津「野手に感謝」球団初3年連続開幕星”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2014年3月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140329-1277171.html 2015年1月7日閲覧。 
  15. ^ “摂津は「右肩の筋疲労」リハビリ組合流へ”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2014年5月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140513-1300076.html 2015年1月7日閲覧。 
  16. ^ 大池和幸 (2014年9月18日). “摂津ワースト7失点 ソフトM点灯お預け”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140918-1368720.html 2015年1月7日閲覧。 
  17. ^ 押谷謙爾 (2014年9月26日). “摂津3回6失点 ソフトB8日連続M失敗”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140925-1372311.html 2015年1月7日閲覧。 
  18. ^ “ソフトB摂津KO7失点「ノーコメント」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2014年10月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141017-1383404.html 2015年1月7日閲覧。 
  19. ^ “ソフトB摂津6回0封「最低限仕事できた」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2014年10月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141030-1389607.html 2015年1月7日閲覧。 
  20. ^ “ソフトB摂津は現状維持4億 松坂と競争だ”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2014年1月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20150107-1418561.html 2015年1月7日閲覧。 
  21. ^ 石橋隆雄 (2015年3月28日). “ソフトB摂津 自責0も4年連続開幕星ならず”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. http://www.nikkansports.com/baseball/news/1453200.html 2015年9月14日閲覧。 
  22. ^ a b c 田口真一郎 (2015年6月13日). “ソフトバンク摂津抹消も 6回5失点KO”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. http://www.nikkansports.com/baseball/news/1491738.html 2015年9月14日閲覧。 
  23. ^ a b 田口真一郎 (2015年6月14日). “ソフトバンク「ガックリ」21被安打でW陥落”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. http://www.nikkansports.com/baseball/news/1492193.html 2015年9月14日閲覧。 
  24. ^ “ソフトバンク摂津、志願の打撃投手”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2015年7月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1500315.html 2015年9月14日閲覧。 
  25. ^ “ソフトB摂津、5年連続の2桁白星も3失点を反省”. SANSPO.COM. 産経デジタル. (2015年9月10日). オリジナルの2015年9月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150912233453/http://www.sanspo.com/baseball/news/20150910/haw15091023080005-n1.html 2015年9月14日閲覧。 
  26. ^ 攝津投手、FA権を行使せずホークス残留を表明”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2015年11月9日). 2015年11月17日閲覧。
  27. ^ ソフトバンク摂津4回0封、開幕ローテ入りアピール”. 日刊スポーツ (2017年3月8日). 2017年11月30日閲覧。
  28. ^ ソフトB攝津、ローテ後退 3被弾で5回5失点「不用意、これ以上言う事ない」”. full-count (2017年3月15日). 2017年11月30日閲覧。
  29. ^ ソフトバンク摂津、今季初登板は4回3失点で降板”. 日刊スポーツ (2017年4月15日). 2017年11月30日閲覧。
  30. ^ 摂津完投 収穫1敗”. 西日本スポーツ (2017年5月7日). 2017年11月30日閲覧。
  31. ^ 摂津、再調整へ”. 西日本スポーツ (2017年5月25日). 2017年11月30日閲覧。
  32. ^ 工藤監督「すばらしい」4カ月ぶり先発摂津を評価”. 日刊スポーツ (2017年9月24日). 2017年11月30日閲覧。
  33. ^ ソフトバンク摂津3回完全、CSメンバー入りへ前進”. 日刊スポーツ (2017年10月2日). 2017年11月30日閲覧。
  34. ^ ソフトB摂津、涙の2年ぶり星 お立ち台でこらえきれず…22秒の沈黙にファン喝采”. 西日本スポーツ. 西日本新聞社 (2018年5月22日). 2018年11月4日閲覧。
  35. ^ 工藤監督「思い伝わってこない」KOの摂津バッサリ”. ニッカンスポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2018年6月6日). 2018年11月4日閲覧。
  36. ^ ホークス、市川逆転2ランで快勝 摂津が2勝目 巨人は岡本同点弾空砲”. Full-Count. Creative2 (2018年6月13日). 2018年11月4日閲覧。
  37. ^ “来季契約について” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2018年11月4日), http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/00001928.html 2018年11月4日閲覧。 
  38. ^ “ソフトB退団の摂津が引退決断「やりきった」 年内区切りもオファーなく”. 西日本スポーツ. 西日本新聞社. (2018年12月30日). https://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/476501/ 2018年12月30日閲覧。 
  39. ^ ソフトバンクで10年「悔いなく終われた」 沢村賞投手の摂津が引退会見”. 西日本新聞. 西日本新聞社 (2019年1月8日). 2019年1月8日閲覧。
  40. ^ ホークスの寡黙な大エース・摂津正さんに会ってきた 加藤淳也、『文春野球コラム ペナントレース2019』、文春オンライン、2019年6月16日配信。
  41. ^ 『攝津正―鷹のスーパー右腕』ベースボール・マガジン社〈スポーツアルバム〉、2011年、26頁。ISBN 9784583618098
  42. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社〈NSK MOOK〉、2012年、9頁。ISBN 978-4-905411-04-8
  43. ^ a b c d 「Special Interview 摂津正」『週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社、2009年7月13日、 120 - 122頁、 雑誌20442-7/13。
  44. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』白夜書房〈白夜ムック〉、2010年、106頁。ISBN 978-4-86191-595-6
  45. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2011』白夜書房〈白夜ムック〉、2011年、20頁。ISBN 978-4-86191-710-3
  46. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2012』白夜書房〈白夜ムック〉、2012年、20頁。ISBN 978-4-86191-872-8
  47. ^ Sports Graphic Number』、文藝春秋、2011年12月8日、 53頁。
  48. ^ a b 清水満 (2012年11月2日). “「メジャーで即通用する!」王さんが太鼓判を押したのはあの投手”. ZAKZAK. 産経デジタル. オリジナルの2012年11月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121103055659/http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20121102/bbl1211020712003-n1.htm 2016年11月8日閲覧。 
  49. ^ すぽると!』、2011年12月6日放送
  50. ^ スーパー右腕 2011, p. 34
  51. ^ a b 「わが中継ぎ人生 福岡ソフトバンクホークス 投手 摂津正」『週刊現代』、講談社、2010年10月30日、 30頁。
  52. ^ 攝津投手、新加入の細川選手と「みちのくタッグ」”. 福岡ソフトバンクホークス (2010年12月13日). 2016年11月8日閲覧。
  53. ^ “【ガンバッてます!】山形GK摂津、2種登録後トップ練習初参加!ソフトB摂津と親戚”. スポーツ報知. (2014年6月18日). オリジナルの2014年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140618113120/http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20140617-OHT1T50154.html 2016年11月8日閲覧。 
  54. ^ “ヤナセ、09年度プロ野球MVP選手にメルセデス”. レスポンス. (2009年12月21日). https://response.jp/article/2009/12/21/134059.html 2018年2月28日閲覧。 
  55. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年4月16日閲覧。
  56. ^ 本流のライセンス 攝津正投手と行く冬の長崎県上五島 - 釣りビジョン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]