グレーテルのかまど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレーテルのかまど
ジャンル スイーツ・レシピ紹介番組
出演者 瀬戸康史
ナレーター キムラ緑子
製作
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2011年7月30日 -
放送時間

総合】再放送 毎週金曜 11:05 - 11:30(一部の地域を除く)
Eテレ】毎週月曜 22:00 - 22:25|再放送 翌週月曜 10:25 - 10:50


Eテレ】金曜 21:30 - 21:55
再放送 水曜 10:30 - 10:55
月曜 22:00 - 22:25
公式サイト

グレーテルのかまど』は、NHK Eテレ2011年に放送を開始した教養番組である。2011年7月30日パイロット放送され、10月8日からレギュラー放送を開始した。

概要[編集]

様々な物語や実話にちなんだスイーツを、エピソードと共にそのレシピを紹介する。季節ごとに過去放送分を編集した特集を放送するほか、不定期に「アンコール放送」と称し再放送を流す。辻調グループ校が制作監修を担当する[1]。ショートバージョン(5分)である「グレーテルの小さなかまど」がある他、総合テレビ平日朝の生活情報番組『あさイチ』で、不定期だが過去放送回のダイジェスト版(10分程度)が9時台終盤に放送されることがある。

出演者[編集]

瀬戸康史(十五代ヘンゼル&ナビゲーター)
本作のホスト兼パティシエを務める青年。いつも仕事で外出中の姉・グレーテルのためにスイーツを作る。
番組の15代目MCという意味ではなく、「初代ヘンゼルから数えて15代目」という意味で15代目ヘンゼルを名乗る。
グレーテル(出演・声なし)
ヘンゼルの姉。キッチンの黒板に毎回自身の独り言や要望を書き置きしており、その書き置きからヘンゼルが思いついたスイーツ作りをする。番組終盤でスイーツが完成するタイミングで家のチャイムを鳴らし、瀬戸康史が出迎えにいく、という演出が毎回なされる。
キムラ緑子(かまどの声・ナレーション)
普段はヘンゼルの家の台所にある古いかまどの中にいる。姉弟の祖先である初代ヘンゼルとグレーテルを救った。と公言しているが、番組中でこのかまどを使って調理をすることはない。かまどから外に出ることも可能で、2012年の夏SPではランタンの中に入って移動したり、2013年7月12日放送分では自力で台湾まで飛んで移動した。また、時間を経過させたり(例・1日寝かすレシピの場合、瞬時に1日経過させるなど)、物質(例・あらかじめ下準備した材料など)を出現させる魔力を持っており、2015年1月23日放送分では東儀秀樹をキッチンに召喚している。また、2018年4月2日放送分では「バッキンガム宮殿のかまどは友人」だと語っている。

放送リスト[編集]

2015年度は4月以降、一部のスペシャルを除きセレクション放送になっている。

テーマ曲[編集]

エンディングテーマ

関連書籍[編集]

  • NHK「グレーテルのかまど」制作チーム『あの人が愛した、とっておきのスイーツレシピ 』大和書房、2012年9月、ISBN 978-4-479-92052-6

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ グレーテルのかまど|辻調のメディア協力リスト|TV/情報・料理”. 辻調グループ総合情報サイト. 2013年5月3日閲覧。
  2. ^ 赤い公園「黄色い花」が「グレーテルのかまど」ED曲に”. 音楽ナタリー (2016年3月1日). 2016年3月1日閲覧。
  3. ^ リトグリ新曲がEテレ「グレーテルのかまど」EDテーマに、瀬戸康史のお菓子作り彩る”. 音楽ナタリー (2016年3月27日). 2016年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]

NHK Eテレ 土曜22時台前半枠
前番組 番組名 次番組
新ビバリーヒルズ青春白書
(シーズン3)
※22:00 - 22:45
グレーテルのかまど
(2011年10月 - 2013年3月)
NHK Eテレ 金曜21時台後半枠
日本の話芸
※21:30 - 22:00
グレーテルのかまど
(2013年4月 - )
-