ロアルド・ダール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロアルド・ダール
Roald Dahl
Roald Dahl.jpg
ロアルド・ダール、38歳の写真(1954年)
誕生 1916年9月13日
イギリスの旗 イギリス
ウェールズの旗 ウェールズ カーディフ
死没 1990年11月23日(満74歳没)
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド オックスフォードシャー州オックスフォード
職業 小説家、脚本家、詩人
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル 短編小説冒険小説ファンタジー小説児童文学
代表作 チャーリーとチョコレート工場
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ロアルド・ダール(Roald Dahl、1916年9月13日 - 1990年11月23日)は、イギリス小説家脚本家

略歴[編集]

パイロット[編集]

カーディフランダフ地区にてノルウェー移民の両親のもとに生まれる。シェル石油で働き、タンザニアカナダにも行ったが、第二次世界大戦が始まってからはイギリス空軍の戦闘機パイロットとして従軍した。乗っていた飛行機が墜落し重傷を負うも生還した。しかし、この際に脊髄を負傷した事による後遺症に生涯苦しめられた。

作家[編集]

その後、アフリカで聞いた不思議な話やパイロット時代の経験を元に小説を書くようになった。作家セシル・スコット・フォレスターが、取材のためにダールの飛行体験についてメモを書くよう依頼したが、ダールは話すより書く方が早いと思ってメモを作った。そのメモ(デビュー作の中の「簡単な任務」)の素晴らしさにそのままダール名義で出版されたことがきっかけでデビュー。1942年にはすでにグレムリンの話を書いていた(これをディズニー映画化しようとしたが頓挫)。風刺ブラックユーモアに満ちた短編小説や、児童文学で有名。

特に、「奇妙な味」と評されるダールの短編小説は、作家・評論家・翻訳家らへのアンケート結果によるミステリ・マガジン2007年3月号で、ミステリ小説オールタイム・ベストの短編部門第1位に輝いた『南から来た男』の他、『味』、『大人しい兇器』などで、日常的な風景や会話の中に人間の心の奥底に潜む狂気をうかがわせ、高い評価を得た。

007シリーズで有名なイギリス人作家のイアン・フレミングの友人であり、映画『007は二度死ぬ』と『チキ・チキ・バン・バン』の脚本も手がけた。

家族[編集]

パトリシア・ニールとロアルド・ダール

1953年女優パトリシア・ニールと結婚した。ダールとの結婚前、彼女はゲイリー・クーパーと3年間不倫関係にあり、彼の子を妊娠したが、クーパーの妻はカトリック教徒であったため離婚に応じず、中絶せざるをえなかった。ニールはマスコミから袋叩きにあい、仕事も来なくなった。そんな時に彼女を可愛がっていた劇作家リリアン・ヘルマンの紹介によりダールと出会い結婚した。結婚後も女優を続け、アカデミー主演女優賞を受賞した。5人の子供に恵まれたが、妊娠中に脳卒中に襲われ、ダールの献身的な看護とリハビリのおかげで無事に出産し回復した。しかし、度重なる浮気を理由に、1983年に離婚した。後にニールは自伝の結びに「自分の愛した男性はゲイリー・クーパーただ一人だった」と書いている。[1]

その後ダールは同郷の女性フェリシティー・クロスランドと再婚する。2人の間に子供はいなかったが、連れ子の長女オリヴィアが7歳の時に脳炎で亡くなり、息子セオは4ヶ月の時に交通事故で脳に障害を負った。ダールの死後、妻によってロアルド・ダール基金が設立された。ちなみにニールとの間に設けた子供たちは全員父になついていたため、その後もクロスランドのもとに集まったという。

エピソード[編集]

  • 宮崎駿はダールのファンであり、オマージュとして『紅の豚』や『風立ちぬ』で「銀河(天の川)」のような、「ヴァルハラへの昇天する飛行士たち」のエピソードを挿入した[2]。また、ダールのいくつかの日本語訳書において前書きや解説なども行っている。

主な作品・日本語訳書[編集]

短編集[編集]

2000年に新装版 ISBN 978-4150712525
2000年に新装版。ハヤカワ・ミステリ文庫 ISBN 978-4150712518
のち再刊。2005年10月/7 ISBN 978-4152086747
  • Switch Bitch (1974年)

長編[編集]

  • My Uncle Oswald (1979年)
    • 『オズワルド叔父さん』 田村隆一/訳(早川書房、1991年)ISBN 4150712557

児童文学[編集]

日本では評論社より刊行。2005年よりシリーズ文庫『ロアルド・ダール コレクション』として新版刊行。

  • The Gremlins (1943年)
  • James and the Giant Peach (1961年)
ジャイアント・ピーチ」の題名で映画化。
  • Charlie and the Chocolate Factory (1964年)
1971年「夢のチョコレート工場メル・スチュアート監督による初の映画化。
2005年「チャーリーとチョコレート工場ティム・バートン監督による2度目の映画化。
ファンタスティック・Mr.FOX」の題名で映画化。
  • Charlie and the Great Glass Elevator (1967年)
    • 『ガラスのエレベーター 宇宙にとびだす』 田村隆一/訳 1978年8月 ISBN 4566010546
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 5> ガラスの大エレベーター』 柳瀬尚紀/訳 2005年7月 ISBN 4566014142
『チョコレート工場の秘密』の続編。
  • Danny the Champion of the World (1975年)
    • 『ぼくらは世界一の名コンビ! ダニィと父さんの物語 』 小野章/訳 1978年6月 ISBN 4566010538
    • 『ぼくらは世界一の名コンビ! ダニィと父さんの物語 (てのり文庫)』 小野章/訳 1990年4月 ISBN 4566022668
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 6>ダニーは世界チャンピオン』 柳瀬尚紀/訳 2006年3月 ISBN 4566014150
  • The Wonderful Story of Henry Sugar and Six More (1977年)
    • 『ヘンリー・シュガーのわくわくする話』 小野章/訳 1979年3月 ISBN 4566010554
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 7> 奇才ヘンリー・シュガーの物語』 柳瀬尚紀/訳 2006年10月 ISBN 4566014169
  • The Enormous Crocodile (1978年)
    • 『大きな大きなワニのはなし』 田村隆一/訳 1978年11月 ISBN 4566002314
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 8> どでかいワニの話』 柳瀬尚紀/訳 2007年1月 ISBN 4566014177
  • The Twits (1980年)
  • George's Marvelous Medicine (1981年)
    • 『ぼくのつくった魔法のくすり』 宮下嶺夫/訳 1990年2月 ISBN 456601066X
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 10> ぼくのつくった魔法のくすり』 宮下嶺夫/訳 2005年4月 ISBN 4566014193
  • The BFG (1982年)
スティーヴン・スピルバーグ監督・製作による実写映画版が2016年公開予定。
  • Revolting Rhymes (1982年)
    • 『へそまがり昔ばなし』 灰島かり/訳 2002年3月 ISBN 4566010767
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 12> へそまがり昔ばなし』 灰島かり/訳 2006年6月 ISBN 4566014215
  • Dirty Beasts (1983年)
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 14> こわいい動物』 灰島かり/訳 2006年10月 ISBN 4566014231
  • The Witches (1983年)
ジム・ヘンソン製作総指揮「ジム・ヘンソンのウィッチズ/大魔女をやっつけろ!」の題名で映画化。
  • The Giraffe and the Pelly and Me (1985年)
    • 『こちらゆかいな窓ふき会社』 清水達也・清水奈緒子/訳 1989年9月 ISBN 4566010597
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 15> こちらゆかいな窓ふき会社』 清水奈緒子/訳 2005年7月 ISBN 456601424X
  • Matilda (1988年)
    • 『マチルダはちいさな大天才』 宮下嶺夫/訳 1991年4月 ISBN 4566010678
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 16> マチルダは小さな大天才』 宮下嶺夫/訳 2005年9月 ISBN 4566014258
ダニー・デビート監督「マチルダ」の題名で映画化 (主演: マーラ・ウィルソン)。
また、2008年にイギリス本国で「Matilda The Musical」の題で舞台化された。
ハリー・ポッターと賢者の石』が出る以前には、イギリスで児童書部門の売り上げ1位を独走していた。
  • Rhyme Stew (1989年)
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 17> まぜこぜシチュー』 灰島かり/訳 2007年3月 ISBN 4566014266
  • Esio Trot (1989年)
    • 『恋のまじない、ヨンサメカ』 久山太市/訳 1997年5月 ISBN 4566010686
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 18> ことっとスタート』 柳瀬尚紀/訳 2006年3月 ISBN 4566014274
  • The Minpins (1991年)
  • The Vicar of Nibbleswicke (1991年)
    • 『ねぶそくの牧師さん』 久山太市/訳 1999年10月 ISBN 4566010694
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 19> したかみ村の牧師さん』 柳瀬尚紀/訳 2007年1月 ISBN 4566014282
  • The Mildenhall Treasure (2000年)
    • 『ミルデンホールの宝物』 中村妙子/訳 2000年7月 ISBN 4566011089

自伝的作品[編集]

  • Boy - Tales of Childhood (1984年)
  • Going Solo (1986年)
    • 『単独飛行』 永井 淳/訳 (早川書房、1989年) ISBN 4152034181
    • 『単独飛行(ハヤカワ・ミステリ文庫)』 永井淳/訳(早川書房、2000年) ISBN 4150712581
  • My Year (1993年)
    • 『一年中ワクワクしてた』 久山太市/訳 2000年9月 ISBN 4566010759
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 20> 一年中ワクワクしてた』柳瀬尚紀/訳 2007年3月 ISBN 4566014290

アンソロジー[編集]

NEW ROALD DAHL’S COLLECTION OF SHORT STORIESの邦訳。
  • 『まるごと一冊 ロアルド・ダール』 田村隆一・他/訳 2000年10月 ISBN 4566010740
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 別巻1> ダールさんってどんな人?』クリス・ポーリング/著 灰島かり/訳 2007年4月 ISBN 4566014304
    • 『<ロアルド・ダール コレクション 別巻2> 「ダ」ったらダールだ!』ウンディ・クーリング/編 柳瀬尚紀/訳 2007年4月 ISBN 4566014312

小冊子[編集]

  • Roald Dahl's Guide to Railway Safety(1991年), British Railway, ISBN 978-6132034410
    • ロアルド・ダールの鉄道安全読本, 安藤 陽本/訳, 日本経済評論社 , 2001, ISBN 9784818813892

ロアルド・ダール劇場[編集]

ロアルド・ダール劇場「予期せぬ出来事」(Roald Dahl's Tales of Unexpected)とは、BBCで1979年から放映されたドラマシリーズ。ダール自身の短編小説を原作とした1話完結/30分のミステリーで、本人が案内役で出演している。日本でも1980年から東京12チャンネル(現テレビ東京)で放送された。現在、DVDが入手可能である。

脚本[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『真実 パトリシア・ニール自伝』
  2. ^ 短編集『飛行士たちの話』(ISBN 978-4150712525)収録の『彼らは年をとらない』を参照。

関連項目・文献[編集]

外部リンク[編集]