ロバート・パリッシュ (映画監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロバート・パリッシュ
Robert Parrish
生年月日 (1916-01-04) 1916年1月4日
没年月日 (1995-12-04) 1995年12月4日(79歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州コロンバス
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州サウサンプトン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 編集映画監督
俳優子役

ロバート・パリッシュRobert R. Parrish, 1916年1月4日 - 1995年12月4日)は、アメリカ映画編集者映画監督俳優子役)。

生涯[編集]

ロバート・パリッシュは、工場の出納係をしていた父ゴードン・R・パリッシュと母ローラ・R・パリッシュの子供として生まれた。1920年代の中頃、家族はジョージア州からロサンゼルスに引っ越した。そこでパリッシュと姉妹のビバリー、ヘレン英語版は俳優の仕事を得て、以後それを続けることになった。1927年、ロバート・パリッシュは『Our Gang』という短編映画で銀幕デビューを飾った(ちなみに、母ローラも女優で1940年代に2、3本の映画に出演した)。さらに、ロバートは反戦映画『西部戦線異状なし』(1930年)、チャーリー・チャップリンの『街の灯』(1931年)、そしてジョン・フォード監督の何本かの映画に出演した。

1936年、そのフォードがパリッシュを『メアリー・オブ・スコットランド』で「編集助手」に、さらに3年後の『若き日のリンカーン』では今度は「サウンド・エディター」にそれぞれ起用した。パリッシュは両方の仕事を、『モホークの太鼓』(1939年)『怒りの葡萄』(1940年)といったフォード作品でこなしていった。

1947年、パリッシュは「編集」として一本立ちした最初の作品で、アカデミー編集賞を受賞した。ロバート・ロッセン監督のハイ・テンポなボクシング映画『ボディ・アンド・ソウル/背信の王座』である。さらにその2年後にも、同じくロッセンの政治ドラマ『オール・ザ・キングスメン』で(アル・クラークとともに)アカデミー賞にノミネートされた。

パリッシュはその技術的才能で、多くの秀作映画に貢献した。そして、1951年、復讐をテーマとしたメロドラマ『犯人を逃がすな』(日本未公開)で監督デビューを果たした。以降、立て続けに映画を撮り続けたが、結果はまちまちだった。1967年には、異色のジェームズ・ボンド映画『007 カジノ・ロワイヤル』を、ジョン・ヒューストンら5人で共同監督した。パリッシュの最後の映画はフランス人監督ベルトラン・タヴェルニエと共同で監督した『Mississippi Blues』(1983年)である。

主な監督作品[編集]

外部リンク[編集]