ダグラス・スローカム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダグラス・スローカム(Douglas Slocombe OBE, 1913年2月10日 - 2016年2月22日)は、イギリスロンドン出身の撮影監督

経歴[編集]

第2次世界大戦で報道カメラマンとして活動し、1940年代からスタジオ付きの撮影監督となる。1963年の 『召使』、1974年の 『華麗なるギャツビー』、1977年の 『ジュリア』 で3度英国アカデミー賞 撮影賞を受賞している。

撮影時に殆ど露出計を使わないのが特色。『未知との遭遇』 追加撮影からの付き合いとなるスピルバーグをも驚かせている。『インディ・ジョーンズ』 三作の撮影監督を務め、『最後の聖戦』 がキャリアの最後の作品になっている。

2016年2月22日、103歳で死去[1][2]

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Douglas Slocombe, Ealing comedies and Indiana Jones cinematographer, dies”. 2016年2月22日閲覧。
  2. ^ The Associated Press (2016年2月22日). “'Indiana Jones' Cinematographer Douglas Slocombe Dies at 103”. New York Times.com. 2016年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]