デレク・メディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デレク・メディングスDerek Meddings1931年1月15日 - 1995年9月10日[1])は、イギリス特殊効果視覚効果監督。ロンドン出身。1960年代にジェリー・アンダーソンの下で、『サンダーバード』などスーパーマリオネーション作品の特殊効果監督を務めた。その後、映画でも活躍し、「007シリーズ」で特殊効果監督・視覚効果監督を手がけるなどした。精巧なミニチュアを駆使した特殊撮影を得意とした。1978年の『スーパーマン』における視覚効果に対し、アカデミー特別業績賞を受賞。1979年の『007 ムーンレイカー』で、アカデミー視覚効果賞にノミネートされた[2]

主要作品[編集]

特殊効果[編集]

視覚効果[編集]

参照[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]