ロンドン指令X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロンドン指令X』(ロンドンしれいエックス、原題:The Secret Service )は、1969年イギリスジェリー・アンダーソンが作った特撮ドラマである。

ストーリー[編集]

スタンレー神父の実の正体は諜報部員。指令Xを受けると、相棒のマシュウは教会の聖書に隠された装置「ミニマイザー」を使って3分の1のサイズになり、様々な事件に挑む。

作品史[編集]

SFスパイ活動に全く縁が無さそうな主人公が、人間の能力の一部を特別にする装置を使って、普通の人間では出来ない事や入れない所で活躍する」という構図は『ジョー90』と全く同じである。この時期のアンダーソン作品では最短話数となった作品で、スポンサーのルー・グレード卿が作品の出来に難色を示したのが、短縮の原因だとも言われている。

技術面[編集]

特撮は『キャプテン・スカーレット』から変わらないが、人間の俳優による演技(ライブアクションと呼ぶ)と俳優そっくりに作られた人形による演技とが分担されており、人形劇とライブアクションの過渡的な作品となっているのが特徴である。人形がリアルで俳優そっくりなのは『海底大戦争 スティングレイ』からの流れであり、違和感は小さい。手先の演技のアップに俳優を使う事は以前から行われており、人形劇での演出表現の限界を感じ、そこから脱しようとする意図はその頃からあったものと思われる。等身大のシーンは人間と人形の双方が演じ、小さくなったマシュウが活躍するシーンは、人形を実物(=人間用)のセットで動かしている。マシュウが小さくなるバンクシーンは、アンダーソン作品にしては珍しいハメコミ合成(『電子戦隊デンジマン』や『太陽戦隊サンバルカン』等で、怪人が巨大化する時の特撮)による。

キャスト[編集]

スタンレー・アンウィン神父
声 - 久松保夫
ある田舎の教会の神父だが、実はイギリス情報部の諜報部員。マシュウを現場に派遣し、彼に指示を出すのが役目。愛車は黄色の1917年フォードT型
マシュウ・ハーディング
声 - 堀勝之祐
教会の若い庭師だが、事件があると神父の手で小さくさせられて活躍する。
ビショップ
声 - 川久保潔
イギリス情報部聖職者作戦課の課長のコードネーム。いざと言う時に指令Xを出す。
アップルビー
教会の家政婦。神父を尊敬する一方、マシュウの事はあまり信用していないフシがある。(秘密を知らない)家政婦がいるという設定も『ジョー90』と同じである。
オープニングナレーション
声 - 中江真司

サブタイトルリスト[編集]

日本では1970年11月5日から1971年2月21日まで、NHK総合の『少年映画劇場』第1部(第2部は『進めや進め!スモーキー』)で放映されたほか、スーパー!ドラマTVでも放映されている。

英語サブタイトル 初放送のサブタイトル、再放送は(   )内に改題
1 A CASE FOR THE BISHOP 1 コンピューター・スパイ(ビショップの命令)
4 THE FEATHERED SPIES 2 航空写真スパイ(空飛ぶスパイ)
12 MAY-DAY! MAY-DAY! 3 国王暗殺計画(緊急指令爆弾を探せ)
5 LAST TRAIN TO BUFFLERS HALT 4 特急列車強盗(現金輸送車 ~クランフォードからロンドンまで~)
9 THE DEADLY WHISPER 5 超音波ライフル銃(死のささやきが聞こえる)
2 A QUESTION OF MIRACLES 6 潜水艦スパイ(奇跡が起これば)
6 HOLE IN ONE 7 人工衛星スパイ(ゴルフ場で何かが起きる ~人工衛星の秘密~)
11 SCHOOL FOR SPIES 8 にせ神父スパイ(スパイになるためには)
10 THE CURE 9 ねらわれたサーキット(診療所を調べろ!)
13 MORE HASTE, LESS SPEED 10 4人のにせ札団(惑星をさがせ!)
7 RECALL TO SERVICE 11 新兵器アクアタンク(水中タンクを調べろ!)
3 TO CATCH A SPY 12 スパイ脱獄(スパイを捕えろ!)
8 ERRAND OF MERCY 13 空飛ぶクラシック・カー(使者のほほえみ)

外部リンク[編集]

NHK総合 少年映画劇場
前番組 番組名 次番組
ロンドン指令X

進めや進め!スモーキー
イギリス児童劇映画
【1本立て】