トーチー・ザ・バッテリー・ボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Torchy the Battery Boy』(トーチー・ザ・バッテリー・ボーイ、電気じかけのトーチー)は、1960年イギリスジェリー・アンダーソンが作った、人形劇スタイルの子供向けテレビドラマである。白黒作品で、日本では公開されていない。

ストーリー[編集]

バンブルドロップが所有するポムポムとプードル2匹の犬と人形をのせたたこが突風で行方不明になった。バンブルドロップは「トーチー」という電池で動く人形とトーチーとトーチーが乗るロケットを作り犬2匹と人形をのせたたこをさがしてもらうことにした。途中で人形のトーチーはトプシー・ターピー・ランドにやって来てしまい、そこで仲間の人形達と活躍を繰り広げる。

作品史[編集]

前番組が好評だったので、本作も同じ路線になった。基本設定は同じだが世界は繋がっていないと言う点は、日本の子供番組にも見られる形式である。

技術面[編集]

人形の眼と口が手動で動く様になった。主役のトーチーはタイトル通り、頭にライトもある。ただ、まだ技術がつたなかったのか、ギミックを組み込んだ顔は均整さを欠いており、これは次作『ウエスタン・マリオネット 魔法のけん銃』で払拭される。またこの後の作品をよく見ると、『The Adventure of Twizzle』と『Torchy the Battery Boy』、『スーパーカー』と『宇宙船XL-5』と言う具合に、ある新しい技術で新鮮な映像が出来ると、同じ技術でもう1作作り、そのまた次はさらに新しい技術を入れると言う「1技術で2作制作」といったバランス進行がうかがえる(あくまでも大体であり、全作品が2作毎ではない)。