ジョー90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジョー90』(ジョーきゅうじゅう、英語: Joe 90)は、1968年にイギリスで制作・放送されていたジェリー・アンダーソンによる特撮人形劇である。

ストーリー[編集]

イギリスの天才電子工学博士イアン・マックレインは3年間をかけて、脳波検出記録移送装置“ビッグラット(BIG RAT-Brain Impulse Galvanoscope Record And Transfer)”を開発した。それは人間の脳波パターンを記録し、別の人間に移し変えるという恐るべき装置である。これを使えば、スペシャリストの知識や経験を別の人間が保有することも可能になる。そこで、世界諜報機構ウイン(WIN-World Intelligence Network)の局長ウェストンは、新しいタイプの諜報員養成にこの装置を使用してはどうかと提案。更にマックレイン教授の養子である9才の少年ジョーを人材として推薦した。少年なら、大人では不可能な場所にも疑われることなく潜入することができるためである。こうしてジョーはスーパー諜報員・コードネーム《ジョー90》となった。彼は任務に就く前にビッグラットに入り、ある時はエースパイロット、またある時は天才外科医の知識を吸収する。そして電波で装置と直結されたメガネをかけると、一挙に天才的頭脳を持つ諜報員に変身するのである[1]

作品概要・解説[編集]

「キャプテンスカーレット」に続くスーパーマリオネーション(超人形劇)シリーズ。映画「007」シリーズや、TV「0011ナポレオン・ソロ」「スパイ大作戦」といったスパイもの全盛期の流れにのったスパイアクション作品であり、アンダーソンもこの後「ロンドン指令X」「プロテクター電光石火」とスパイものを連発する[2]

前番組『キャプテン・スカーレット』に見られたシリアスその他の要素をすべて逆転し、主役を『子供』にした。9歳のかわいらしい少年を敵陣の真っ只中に送り込むという基本設定もよく考えるとヒドイ話なのだが、メガネがはずれると普通の少年に戻ってしまうというスリルや任務が失敗しそうになっても「こんなすごいことを子供ができるわけがない」とまんまと逃げおおせるカタルシスは、そのような疑問点を忘れさせる楽しさがある[3]

また、場面転換演出が『スカーレット』に続いて採用されており、

  1. 映像の周りに色枠がつく
  2. 色枠が大きくなって映像が中央で小さくなる
  3. 映像が切り替わって大きくなって
  4. 色枠が消える

というもの。日本でのコミカライズを一峰大二が担当した点も『スカーレット』と同じである。

なお、時代設定は他のアンダーソン作品とほぼ同様の近未来で、過去のシリーズと違い、レギュラーメカはマックレイン教授の愛車で空を飛ぶこともできる万能ビークル、マックスカーのみとやや派手さにはかけるが、各話ゲストメカのリアルな描写や人形の精緻さは、ジェリー・アンダーソン以下スタッフが円熟の域に達したことを示しており、ひとつの頂点に位置する作品といえる[4]。劇中のスパイ戦は東西冷戦下で行われている。

キャスト[編集]

ジョー・マックレイン
日本語版吹き替え:太田淑子
マックレイン教授の養子。9歳。好奇心旺盛な年頃ゆえ、WINの仕事を快く引き受ける。両親は事故で亡くなっている。
イアン・マックレイン教授
日本語版吹き替え:小林恭治
電子工学の博士でビッグラットの発明者。ジョーと二人暮らしで、危険な任務に就くジョーを常に心配している。妻を事故で失っている。
サム・ルーバー
日本語版吹き替え:中村正
マックレインの旧友。WINの窓口役であり、ジョーにスパイの仕事を与えた張本人でもある。『キャプテン・スカーレット』に登場したゲストキャラクターの人形を流用。本作には、他にも『スカーレット』から流用されている人形が登場する。
シェーン・ウエストン
日本語版吹き替え:島宇志夫
WINの局長で、ロンドンにいるアメリカ人。
アダ・ハリス夫人
マクレーン家の家政婦。
オープニングのナレーター
日本語吹き替え:大平透
後述の第5話まで担当。

メカニックなど[編集]

『スカーレット』との違いはレギュラーキャラ・メカにも現れている[独自研究?]。『サンダーバード』並みに数が多かった『スカーレット』と逆に、本作ではレギュラーキャラ・メカがかなり少なく、基地も主人公たちが住む民家が使われている。その分ゲストメカは毎回力が入っている[独自研究?]

ビッグ・ラット (Big Rat)
磁気テープが高速で回転する機構のイメージは、当時イギリスのロックバンドの間でもてはやされていたテープエコー装置から想起されたものであるとされる[誰によって?]
マックス・カー (Mac's Car)
マックレインが製作した高速車。英語版での呼称は Joe's car である。(前述のビッグラットを別とすれば)本作の主役メカにあたる。最高速力365 km/h。飛行能力も有し、その際には主翼垂直尾翼を展開し、車輪を引き込む(前輪を縮めて機体に収納し、後輪を後ろに跳ね上げる)。外観から察して、デザインのモチーフはバッタと思われる[独自研究?]。乗員は最大3名。かつてディンキーからミニカーが、田宮模型(現・タミヤ)からもプラモデルが発売されていた。
サムズ・カー (Thum's Car)
サム・ルーバーの自家用車。登場回数が多いため、本項に挙げる。2ドアのファストバッククーペで、マックス・カーなどと比べれば放送当時でも現実味を帯びつつ、現代でも通じる洗練されたデザインである[独自研究?]。ただし、ステアリングは航空機の操縦桿のような形状(U字形)である。また、劇中に同型車が登場しないため、ワンオフあるいはカスタムカーの可能性が高い[独自研究?]。こちらも田宮模型からプラモデルが発売されていた。ちなみに、『サンダーバード6号』にも同車がクライマックスのみに一瞬、待機しているパトカーを横切る車として出ている。これもディンキーからミニカーが発売されていた。
MiG-242戦闘機英語版
第1話で登場。後年のムックなどで必ず取り上げられており[どれ?]本作ゲストメカの中では最も知名度が高いと思われる[独自研究?]ロシア(冷戦時にはソ連)が開発した最大速力マッハ4の可変翼式超音速戦闘機で、主兵装は機首下部に2門あるロケット砲。仰角を45°とした専用の電磁レール式カタパルトを用い、アフターバーナーを併用することで、無滑走で発進できる。これを奪取し西側に持ち去る[独自研究?]のがジョーの初仕事で、劇中では本機同士の空中戦も行われた。プロップは前作『スカーレット』のエンジェルインターセプターを改造したものだが、双発・双垂直尾翼とされるなど変更部分が多く、イメージはむしろ後年のMiG-25F-15辺りに近い[独自研究?]
U87 ストロンガー
「決死のスピードレース」のエピソードに登場する「U87高速装甲車」。これも「SF装甲車シリーズ」として田宮模型からプラモデルが発売されていた。ボックスアートにはキャラクターモデルであることを強調するかのようにレース場面が描写されており、マックス・カー、ジョー、マックレイン教授も一緒に描かれている。
ワイルドキャット
「恐怖の爆薬トラック」のエピソードに複数登場。そのうちの1台が「U59 ワイルドキャット」として田宮模型からプラモデルが発売されていた。

日本での放送[編集]

日本では、まず1968年10月2日から1969年3月26日までNET(現・テレビ朝日)系列局の一部で放送。毎日放送の製作番組という扱いで、毎週水曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)に放送されていた。

第5話までは『ジョー90』と原題そのままのタイトルで放送されていたが、第6話をもって『スーパー少年 ジョー90』と改題。オープニングもバリー・グレイ作曲のインストゥルメンタルから日本語版独自の主題歌(作詞:星一白 / 作曲:司一郎 / 歌:ハニー・ナイツ)に変更された。また、1970年に中部日本放送(現・CBCテレビ)で、1971年に読売テレビで再放送された際には、『ウルトラ少年ジョー90』と改題されていた。

NET系列局での放送期間中、前述の一峰大二によるコミカライズ版が講談社の『ぼくら』と『たのしい幼稚園』に連載されていた。

その後、2005年8月1日から同年8月23日までスーパーチャンネル(現・スーパー!ドラマTV)で全30話が放送され、その後も同局で繰り返し再放送されている(#外部リンク参照)。

日本国内では長い間映像ソフト化がされていなかったが、デアゴスティーニ・ジャパンから刊行された隔週刊『ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション』の付録DVDで初めてソフト化が実現した。

サブタイトル[編集]

話数
(英語版)
サブタイトル
(原題)
話数(日本語版) サブタイトル
(日本語版)
本放送時 再放送時
1 THE MOST SPECIAL AGENT 1 1 小さな特別諜報員誕生[5]

世界的な電子工学博士イアン・マックレイン教授が3年がかりで完成させた頭脳変換機ビッグラット。それは一個人の脳波パターンを検出して記録し、その知識と経験を他人に移し変えることのできる装置だ。教授の親友であるサムの紹介により、ビッグラットはサムの所属する世界諜報連絡機構WINロンドン支局のために使用されることとなった。そして教授の養子で9歳の少年ジョーをコードネーム「ジョー90」として特別諜報部員として参加させる。彼の最初の任務はロシアの最新鋭戦闘機ミグ242の奪取である。[6]

2 HI-JACKED 2 2 地底基地を爆破せよ

敵に襲われた諜報部員エド・ジョンソンの能力を授けられたジョーは、兵器庫から出発したトラックに積まれた銃火器の木箱に入り、襲撃してくる武器密輸団のマリオ・カリテの隠れ家を突き止めることとなった。軍の武器を奪い転売するカリテ一味の地底基地に侵入したジョーだったが、発見されて危機におちいってしまう。[7]

10 BUSINESS HOLIDAY 4 3 世界征服計画を破壊しろ

ベネリータ国では革命政府が世界陸軍の部隊を撤退させ、基地を占拠した。軍備の強化を計画する革命政府に危機を感じるWINだったが、サムの出動要請を教授親子は拒否して、休暇を過ごすボローバへ出発してしまった。[8]

4 INTERNATIONAL CONCERTO 8 4 消えた天才ピアニスト

天才ピアノ演奏家イゴール・スラディックは、東欧の演奏ツアー中、盗聴した軍事情報を暗号文でWINに伝えていた。だが彼を疑う情報部に逮捕されてしまい、マックレイン教授とジョーが救出に向かう。[9]

11 MOST SPECIAL ASTRONAUT 3 5 宇宙ステーション応答せよ

WINレーダーの中心となる宇宙ステーションに、空気と資材を届ける物資補給ロケットの打ち上げが失敗した。ステーションに空気を届けるため、宇宙飛行士の能力を与えられたジョーの乗る補給ロケット2号が打ち上げられる。[10]

15 THE FORTRESS 9 6 ジャングル死の脱出

南米サンタマリナで諜報員ロジャー・フレミングが捕まった。負傷しながらも脱出した諜報員ララミーの能力を得たジョーは、隠された情報マイクロ・フィルムの回収とフレミングの救出に出発する。[11]

13 DOUBLE AGENT 10 7 二重スパイは誰だ?

テヘランに運ぶWIN新暗号簿と解読テープが連続して狙われた。この任務はWINの幹部スローンの能力を得たジョーに託される。しかしジョーはなぜかパリへと向かった…。[12]

7 RELATIVE DANGER 11 8 地獄の生き埋め

ウラニウム鉱調査中の老地質学者と二人の物理学者が、ブエブロ鉱山で生き埋めとなる。ウェストン局長の命令でサムとマックレイン教授、ジョーが現場に向かう。老地質学者はサムの父ウィリーだったのだ。[13]

19 THE RACE 12 9 決死のスピードレース

世界陸軍情報部のテンペスト将軍が、WINを吸収合併すると宣言してウェストン局長と言い合いになり、いずれの組織が優秀かを証明するため、モンテカルロまでのスピードレースが提案される。スピードレースで決めることとなる。WIN側はマックレイン教授とジョーの乗るマックスカー、陸軍側は陸軍一の名ドライバー、クルーニー二等兵の乗るU87高速装甲車。テンペスト将軍はあらゆる不正をしてマックスカーを妨害する。果たして勝つのはどっちだ!?[14]

8 THE UNORTHODOX SHEPHERD 13 10 幽霊教会の対決

幽霊が出るとの噂のある教会で、シェファード神父の話を聞くマックレイン教授とジョー。ジョーは世界銀行紙幣調査員の能力を得て、付近で出回る巧妙な偽ドル札の調査に訪れていた。[15]

20 THE PROFESSIONAL 14 11 世界一の金庫破り

クレーマー財団から借款した病院建設援助の残り800万ドルの金塊で、不当に反乱鎮圧兵器スパイダー戦車の開発をするハペル将軍。その阻止のため、サムとマックレイン教授は服役中の金庫破りのプロ、ヘンリーの能力をジョーに与えた。ジョーはハペル将軍の難攻不落のランダル城から800万ドルの金塊を奪還すべく潜入を開始する。[16]

16 PROJECT 90 15 12 ビッグラットの秘密を盗め

アルプス山頂の診療所を隠れ家にする国際ギャング団のダロタとカーソンは、WINの極秘事項「90」を盗聴器で探り始め、ビッグラットの秘密を暴こうとマックレイン教授を誘拐してしまう。[17]

5 OPERATION McCLAINE 16 13 大手術作戦

世界的な作家エストランの脳手術をするケイドス博士が、飛行機事故に遭ってしまう。作家を救おうと相談したが、秘密保持のためサムに反対されたマックレイン教授は…。[18]

9 KING FOR A DAY 17 14 身がわり王子

アルダージ国のサルタン王が革新派の摂政セザールに暗殺され、英国留学中のカシム王子も配下に誘拐された。王子と瓜二つのジョーは教育係の頭脳を与えられ、継承式まで王子の代わりとなることに。[19]

14 ARCTIC ADVENTURE 5 15 北海のミサイル回収

核爆弾を4基搭載する世界空軍のXB-107型爆撃機が、計器類の故障によりバタリア国国境近く、ボスチュラ海底基地付近の北極海に墜落した。核爆弾の3基は公海上の海底から無事回収されたが、のこる1基が行方不明となってしまう。北極海に詳しいケルヴァン博士の能力を与えられたジョーは、核爆弾回収のために小型潜水艇に乗り込んだ。しかしバタリア国ボスチュラ海底基地からも攻撃潜水艦が出動し…。[20]

3 SPLASH DOWN 6 16 連続ジェット機墜落のなぞ

スタンブール行きの科学者が行方不明となる旅客機墜落事故が続発した。サムは、空軍パイロットの能力を得たジョーとマックレイン教授がおとりになって問題のイスタンブール行きCV9型中距離旅客機に搭乗し、犯人を罠にかける作戦を実行。誘拐団のクレーマーに麻酔銃で撃たれ気絶したパイロットに代わって機を操縦するジョーは、誘拐団の船を追跡する。[21]

6 THE BIG FISH 7 17 恐怖の海底脱出

魚雷テスト中の二人乗り世界海軍小型原子力潜水艦U85が、発射管の故障で独裁国家ポルトグアナ海域で沈没した。マックレイン教授と海底探検家の能力を得たジョーは、夜釣りに扮して回収に出発する。[22]

21 TALK DOWN 18 18 死のテストパイロット

テスト中の新型超音速戦闘機F116試作1号機が着陸直前で原因不明の墜落をした。重傷を負ったテストパイロット、グラントの脳波を記録、能力を得たジョーが公開飛行の2号機の搭乗、再度テストを開始することとなったが…。[23]

18 LONE-HANDED 90 19 19 早射ち保安官

サムとウェストン局長、マックレイン教授が激論中、西部劇のテレビを見ていたジョーは居眠りして、西部劇の夢を見始める…。ジョーが保安官を勤めるジョーズヴィルに、お尋ね者のウィンギャング団の三人がやって来た。保安官ジョーは、アルトナから金を運ぶ郵便列車に乗り込んで彼らを待ち伏せする。[24]

22 BREAK OUT 20 20 戦慄の脱獄囚

未来のスノーモービル“ジェットスレー”チャンピオンの能力を得たジョーはマックレイン教授と共に、モラン隊長の誘いで訪れたカナダ・チェロック砦の雪山で休暇を楽しむ。だが護送装甲車から脱走した凶悪犯ビアルとバーニィらが記念碑の砲台を占拠、チェロック砦付近の高架鉄橋を砲撃、破壊した。そのためカナダ首相マコーマックの乗るリニアモーター特別列車が立ち往生してしまう。[25]

24 TRIAL AT SEA 22 21 海上大爆発

イギリスとアメリカの友好関係を示すために造られた大型ホバークラフト客船フレンドシップ号が、両国の政府首脳を乗せ、アメリカへの大西洋横断処女航海を行おうとしていた。しかし、客船会社「ハリス定期航路」社長ハリスのもとに、船に時限爆弾を仕掛けたとの脅迫電話が入る。レーダーを開発したマックレイン教授の連絡によりWINが調査に乗り出した。ウェストン局長は客船に乗り込み監視し、サムは電話の声紋分析で犯人の捜索を開始する。[26]

26 ATTACK OF THE TIGER 23 22 タイガー作戦紛糾

アジアの東側同盟国の秘密基地から核ミサイルを発射する「タイガー作戦」の情報が潜入中の諜報員よりもたらされた。最優秀パイロットの能力を得たジョーは、秘密基地を爆破すべくVG104超音速ジェット爆撃機で出撃する。[27]

17 COLONEL McCLAINE 24 23 恐怖の爆薬トラック

某国から妨害工作を受けているアフリカ・カチュンガ国境の道路建設。その工事に使うU114高性能特殊爆薬の輸送のため、爆発物専門家と陸軍運転手の能力を得たジョーは、U-58、59、61の3台の特殊輸送車を用いて行動を開始する。[28]

28 TEST FLIGHT 25 24 裏切りのテスト飛行

100分で地球を1周する夢の飛行機、OGT780テスト旅客機は、しかしこれまでの数回行われたテスト飛行では原因不明の事故で失敗続きだった。今回のテストでもエンジン出力不足で中止しようとしていたが、司令コントロール室上に墜落。ジョーは、そこに残された開発者スレイ博士の救出と、事故原因究明のためのデータ回収のために動き出す。[29]

12 THREE'S A CROWD 26 25 危険な女スパイ

任務失敗した者を銃殺する某国のスパイ、アンジェラが、マックレイン教授の仕事を探るため新聞記者として取材に訪れる。意気投合する教授とアンジェラに、ジョーは違和感を覚える…。[30]

23 CHILD OF THE SUN-GOD 28 26 魔神ビラギラの呪い

国家元首の4人が南米アズマテック族の毒矢で襲われ、国際犯罪団が金と引き換えに解毒剤を渡すと脅迫してきた。一族に詳しいアストリア教授の能力を得たジョーは、アンデス山脈の寺院近くにパラシュート降下で潜入する。どうやら国際犯罪団は黄金仮面で悪の魔神ビラギラーに扮し、アズマテック族を操っているらしい。[31]

25 VIVA CORDOVA 29 27 世界一のボディガード

南米某国の選挙で圧倒的に優勢のバン・コルドバは、対立するバルデス将軍に命を狙われる。心配した夫人ロリナの依頼で、トップ諜報員の能力を得たジョーは、夫人の従兄弟としてコルドバに気付かれぬように身辺警護に就いた。[32]

30 THE BIRTHDAY 30 28 すばらしい誕生日

ジョーが10歳となる2014年8月7日、マックレイン教授、サム、ウエストンは、教授宅に集まってジョーの誕生日パーティを開き、思い出話を語り始めた。[33]

27 MISSION X-41 21 29 細菌爆弾X-41

アジア某国が細菌爆弾X-41と抗毒剤の開発に成功した。WINで抗毒剤を開発中に倒れたバクスター博士、諜報員の能力を得たジョーは、抗毒剤の分子式を奪いに出発した。[34]

29 SEE YOU DOWN THERE 27 30 愉快なまぼろし作戦

株価の操作でWINと関係の深いネイト機械を不正に企業買収したラルフ・クレイトン。ジョーはトランペットで睡眠を妨害したり、ものまね名人の能力などでクレイトンを混乱させ始めた。[35]

放送局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
近畿広域圏 毎日放送 NET系列 水曜 19:00 - 19:30 日本での製作局
関東広域圏 NETテレビ
中京広域圏 名古屋放送
福岡県 九州朝日放送

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 作品概要
  2. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 作品概要 解説
  3. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 作品概要 解説
  4. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 作品概要 解説
  5. ^ 再放送時には「頭脳変換機ビッグラット」に変更。
  6. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  7. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  8. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  9. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  10. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  11. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  12. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  13. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  14. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  15. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  16. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  17. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  18. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  19. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  20. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  21. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  22. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  23. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  24. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  25. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  26. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  27. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  28. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  29. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  30. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  31. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  32. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  33. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  34. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ
  35. ^ 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : ジョー90 各話あらすじ

外部リンク[編集]

NET系列 水曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
ゴールデン大爆笑
(1968年4月3日 - 1968年9月25日)
ジョー90

スーパー少年 ジョー90
(1968年10月2日 - 1969年3月26日)
佐武と市捕物控
(1969年4月2日 - 1969年9月24日)
【木曜21:00枠から移動】