中江真司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかえ しんじ
中江 真司
プロフィール
本名 佐藤 良孝
さとう よしたか
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都江東区[1]
死没地 日本の旗 日本東京都小金井市
生年月日 1935年4月20日
没年月日 2007年6月28日(満72歳没)
血液型 A型
職業 俳優声優ナレーター
配偶者 平井道子(1984年死別)
一般人(1988年 - 2007年)
活動
活動期間 1958年 - 2007年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

中江 真司(なかえ しんじ、1935年4月20日[2] - 2007年6月28日[1])は、日本男性俳優声優ナレーター。本名、佐藤 良孝(さとう よしたか)[2]。旧名、佐藤 真司(さとう しんじ)[3]血液型A型

人物・来歴[編集]

東京都江東区出身。鎌倉学園中学校・高等学校卒業。友人の影響もあって芝居の道を目指すことになり[4]1958年5月中部日本放送劇団(劇団CBC)に4期生として入団(8月に団員契約)[3]、生放送時代のテレビ・ラジオドラマの仕事を開始。1963年、上京して劇団現代劇場。1967年テアトル・エコー。舞台、テレビを中心に活躍[4]1988年青二プロダクション所属。

昼ドラマ『ライオン奥様劇場』をはじめとして[4]、特撮『仮面ライダー』の「仮面ライダー本郷猛一文字隼人)は改造人間である…」、ドラマ『特捜最前線』の「天に地に、絶えること無き犯罪に…」「愛と死と、憎悪が渦巻くメカニカルタウン…」などのオープニングナレーション、時代劇などは「ドラマの中江」と言われるほど有名であり[4]、以降も仮面ライダーシリーズや同作のパロディである『仮面ノリダー』や藤岡弘、が演じたCMシリーズ『せがた三四郎』などのナレーションを多く務めていた。アクションものはテアトル・エコーへの移籍以降増えていったという[5]

オペラ歌手以上の声帯を持った美声で[6]やや高声、喋り方も早かったが、以後[いつ?]は低声での淡々とした語り口を特徴とした。

妻は声優の平井道子だったが1984年死別(友人の納谷六朗からの紹介で1988年に再婚)[6]

2002年以降、フジテレビトリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』のナレーションを機に新境地を拓き、この路線で数多くのCMに起用されるようになった。2006年頃からは任天堂のゲーム機及び関連ソフトのCMを担当することが多かった。

2004年肝臓癌を公表、2007年に体調を崩して静養する。ナレーションの一部は窪田等大友龍三郎が代役を務めた。

2007年6月28日午後0時30分、肝細胞癌のため東京都小金井市の社会福祉法人聖ヨハネ会桜町病院で死去。72歳没[7]戒名は眞岳浄聲信士[6]

エピソード[編集]

  • ナレーターとしてのイメージが強いことから、テレビ朝日『報道ステーション』の追悼コーナー等の一部のメディア[要文献特定詳細情報]では『ナレーター 中江真司』と表記された。中江自身もインタビューで、自身は役者側ではなくスタッフ側だという意識であったと述べていた[5]
  • 若手時代は芝居のオファーも来ていたのだが、スケジュールが合わず、人を待たせてしまうことが多いため、一人録りのできるナレーションに専念するようになっていった(中江待ちとも言われた)[8]
  • 藤岡弘、の役者人生を支えた人物でもあり、テレビ番組のスタッフとあいさつする際には「藤岡さんに宜しくお伝え下さい」と、表舞台にはなかなか登場しない声優らしい心配りをしていた[9]
  • 『仮面ライダー』のオファーを受けた際は、自身に子供がいなかったこともあり番組について理解できず、人気が出るようなものだとも思っていなかった[5]。後年になり、『仮面ノリダー』の評判が良かったことや『仮面ライダー』を観ていた世代と仕事をするようになったことで、『仮面ライダー』での自身の印象の大きさを認識するようになったという[5]
  • 特捜最前線』の最終回では、二谷英明が演じる神代警視正の上司である査問委員の役を演じた。

後任[編集]

中江の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1970年

1972年

1975年

1976年

1988年

1991年

1992年

1994年

2001年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

OVA[編集]

1991年

1994年

2000年

2004年

劇場アニメ[編集]

2004年

2006年

ゲーム[編集]

1997年

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2007年

吹き替え[編集]

1966年

1969年

1970年

1972年

1973年

1976年

1981年

1988年

1989年

1991年

1992年

1994年

1996年

1998年

2005年

特撮[編集]

1967年

1968年

  • ウルトラセブン(岩石宇宙人アンノンの声)
  • マイティジャック(オープニングナレーション、次回予告、第1話のラジオの声・ナレーター、第4話のニュースキャスターの声)

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1979年

1980年

1981年

1984年

1993年

1999年

2002年

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ

CD[編集]

  • 新撰組異聞 蒼き狼たちの神話
    • 新撰組異聞 蒼き狼たちの神話 1 天道(ナレーター)
    • 新撰組異聞 蒼き狼たちの神話 2 浅葱色の夜明け(ナレーター)
  • アニメタル・マラソンII 〜特撮編〜(ナレーション[注釈 2]
  • 関智一の勝手に祝うライダー35周年!(スペシャルゲストナレーター)

CM[編集]

その他[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 最終回には、査問委員役で顔出し出演もしている。
  2. ^ 仮面ライダー』のオープニングナレーションのパロディ。なお、ライダーシリーズのテーマ曲メドレーである『特撮でいこう!』のナレーションは中江ではない。
  3. ^ ラジオドラマ『NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE』の中で使用。
  4. ^ 2回ほど顔出し出演もしている。

出典[編集]

  1. ^ a b 青二プロダクション 中江真司”. 青二プロダクション. 2012年2月14日閲覧。
  2. ^ a b 『声優名鑑』 成美堂出版1999年、555頁。ISBN 978-4415008783
  3. ^ a b 飯塚恵理人「中部日本放送放送劇団の資料について (PDF) 」 、『椙山女学園大学研究論集 人文科学篇』第43号、椙山女学園大学、愛知県名古屋市、2012年、 63頁、 ISSN 1340-4040NAID 1200052714702014年6月24日閲覧。
  4. ^ a b c d 中江真司 (2004年3月1日). 特集 番組の「色」を決めるナレーター列伝. インタビュアー:鈴木健司. p. 11. 『新・調査情報 passingtime』46号, TBSメディア総合研究所. 
  5. ^ a b c d OFM仮面ライダー1 2004, p. 33, 小川びい「仮面劇の主役たち ライダーを支えた10人の声優 第1回 中江真司の巻」
  6. ^ a b c “「トリビア」“へぇ〜”でおなじみ中江真司さん告別式”. 夕刊フジ. (2007年7月3日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_07/g2007070302.html 2014年6月8日閲覧。 
  7. ^ “声優の中江真司さん死去…「トリビアの泉」ナレーションで魅了”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2007年6月30日). オリジナル2007年7月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/42ObW#selection-495.0-495.11 
  8. ^ 『仮面ライダーV3大全』 双葉社、2001年、83頁。4-575-29235-4
  9. ^ 「2007年上半期 追悼ワイド特集 精霊流し 中江真司 「仮面ライダー」藤岡弘、の役者人生を支えた名調子」、『週刊朝日』、朝日新聞社2007年8月24日、 131頁。
  10. ^ キャラクター”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 小川びい 『ロマンアルバム アニメ声優ハンドブック こだわり声優辞典'97』 徳間書店、1997年3月10日
  • 中江真司 (2004年3月1日). 特集 番組の「色」を決めるナレーター列伝. インタビュアー:鈴木健司. pp. 10-11. 『新・調査情報 passingtime』46号, TBSメディア総合研究所. 
  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.1 仮面ライダー1号』 講談社2004年7月9日ISBN 4-06-367086-4
  • 「2007年上半期 追悼ワイド特集 精霊流し 中江真司 「仮面ライダー」藤岡弘、の役者人生を支えた名調子」、『週刊朝日』、朝日新聞社2007年8月24日、 131頁。
  • 『宇宙船別冊 仮面ライダー怪人大画報』 ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、2007年12月18日、93頁。ISBN 978-4-89425-638-5 

外部リンク[編集]