鈴木光枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 光枝(すずき みつえ、本名:佐々木 光枝[1]1918年7月29日[1] - 2007年5月22日)は、日本の女優

劇団文化座代表を務め、創設メンバーの一人である。

昭和・平成期を代表する新劇女優で、晩年は新劇界の重鎮であった。

北林谷栄初井言榮と並んで老け役としても著名。

来歴・人物[編集]

東京府東京市神田区(現:東京都千代田区)出身。東京市立第一高等女学校(現:東京都立深川高等学校)中退[2][1]

井上正夫に師事して井上正夫演劇道場入り[1]1932年に『乳姉妹』で初舞台を踏む[1]

1942年、後に夫となる佐佐木隆山村聡山形勲らと劇団文化座を結成[1]。佐佐木の死後は自らが代表に就任し、日本の新劇界の発展に尽力。

実年齢以上の中年女性役・老女役を多く演じ、北林谷栄初井言榮とともに「新劇界の三大婆さん(役)女優」と呼ばれて評価されていた。

2007年5月22日、老衰による心不全のため千葉県柏市の病院で死去。88歳。

娘は佐々木愛である[1]

評伝に大笹吉雄著『女優二代・鈴木光枝と佐々木愛』(集英社刊、※読売文学賞受賞)がある。

主な受賞歴[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

  • おりき
  • 越後瞽女日記
  • 荷車の歌
  • 乳姉妹
  • その人を知らず
  • 三婆

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

人形劇[編集]

吹き替え[編集]

著書[編集]

  • 『女優と妻と母と 鈴木光枝・半生の記』ほんち・えいき共著. 草土文化, 1977.10
  • 『私が演じた女の生き方』 (ささらカルチャーブックス ささら書房, 1986.11

伝記[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 河北新報 1986年1月29日朝刊 18面「登場」コーナー
  2. ^ 鈴木光枝 プロフィール”. 「座員」鈴木光枝. 2010年5月20日閲覧。