白蛇抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白蛇抄
監督 伊藤俊也
脚本 野上龍雄
原作 水上勉
出演者 小柳ルミ子
杉本哲太
仙道敦子
夏木勲
若山富三郎
音楽 菊池俊輔
撮影 森田富士郎
編集 西東清明
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1983年11月12日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

白蛇抄』(はくじゃしょう)は、水上勉による日本の文芸小説作品。1982年2月に集英社(のち文庫)より発売されている。

また、原作を忠実に映画化し、東映配給により1983年11月12日に劇場公開される。伊藤俊也が監督を務め、主演を担当する小柳ルミ子は1983年の第7回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。

製作経緯[編集]

1982年6月5日に公開された『鬼龍院花子の生涯』の大ヒットで、東映は文芸原作に女優たちのエロチシズムという鉱脈を見出し、新たな“女性文芸大作路線”を確立した[1][2][3]。本作はそのうちの一本である[1][4]。監督の伊藤俊也は、前作の『誘拐報道』の撮影が終わり切らないうちに小柳ルミ子に本作のオファーを出した[5]岡田茂東映社長(当時)には既に企画を提出し「ルミ子が主演なら」とOKを取っていた。原作は官能描写が凄くヌードになることは避けられないが、小柳は伊藤に出演の了承を伝えた。間もなく渡辺プロダクション渡辺晋社長(当時)の耳にも入り渡辺は激怒、岡田東映社長を呼び寄せ「ウチの可愛い娘を頼んだぞ」と言ったといわれる[5]。渡辺は小柳本人の意欲を買った。小柳は初ヌードを披露するなど熱演、本作で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。

あらすじ[編集]

石立うたは、二年前、京都で火事にあい、夫を失って絶望のあまり若狭の心中滝に身を投じた時、華蔵寺の住職懐海に助けられ、そのまま後妻として寺に住みついていた。懐海にはひとり息子昌夫がおり、彼は出家ずみの身で来年高校を卒業すると本山に行くことになっている。ある日、華蔵寺にうたの遠い親戚に当るという十五歳の少女鵜藤まつのが引きとられてきた。この寺での初めての夜、まつのは異様な女の呻き声を耳にした。その声は隠寮から聞こえてきた。夜ごとうたの体に執着する懐海。それを覗き見する昌夫。彼はうたに惹かれていた。もうひとり村井警部補もうたが身を投げ救助された時に立ち会って以来彼女に惹かれていた。

キャスト[編集]

石立うた
演 - 小柳ルミ子
表向きは懐海の後妻だが、籍は入れていない。一昨年寺近くの滝で身投げをした時に懐海に助けられそのまま寺にいついた。このことはまつのの同級生の中学生までもが知っている近所では有名な話となっている。懐海の食事の介助や排便など、介護を手伝っている。また夜は懐海から求められるがままに体を委ねている。
過去に京都の工場で働いたりホステスをした後バーテンと結婚した。3年前に火事で夫を亡くしており、同時期に産んだ赤ん坊も数日後に亡くすという悲しい過去を持つ。
加波島昌夫
演 - 杉本哲太
懐海の息子で高校生。思春期で性に対して強い興味を持ち時に衝動的な行動も起こす。うたへの執着心が強く毎晩うたと懐海の夜の営みをのぞき見したり、タンスの中のうたの下着の匂いを嗅ぐなどしている。懐海に対しては父親と言えども、母を寺から追い出したり毎晩うたとの交わりにふけっているため軽蔑している。
懐海の実子であるが、懐海が母共々寺に住むことを許可せず別の場所て暮らしていたが、小学生の頃に母親が亡くなり仕方なく引き取られた。来年の高校卒業後は、僧侶になるための本山での本格的な修行が控えている。外出する時は、オートバイを使って行動している。
鵜藤まつの
演 - 仙道敦子
中学生。福井県小浜に住んでいたが父親は数年前に出て行ったっきりで春頃に母が亡くなったため、うたが暮らす寺の養女にもらわれた。高浜の中学校に転校してきて、新体操部に所属。
うたと懐海・昌夫親子の愛憎関係を前に当初目を背けるような態度を取っていたが、いつしか昌夫に恋心を抱きはじめ、女としてうたに嫉妬するようになる。
さわ
演 - 鈴木光枝
けじょう寺の住み込みの家政婦。食事を作ったり寺の雑用をこなしている。本来は年寄りで体力も衰えてきたので息子の家で暮らすはずが、懐海が倒れたため帰れないでいる。懐海の後妻気取りで寺にいついたうたのことをあまり良く思っていない。また夜ごと寺内に響き渡るうたの喘ぎ声に目が覚めてしまい不快に思っている。
慈観
演 - 宮口精二
懐海とは縁故関係がある。懐海がほぼ寝たきりということもあり昌夫を気にかけている。将来的に自身の寺に入れて大学にも通わせてもいいという意思を伝える。
宗海
演 - 辻萬長
慈観を「老師」と呼んで敬っている。高校を中退して本山での修行を早く始めたいという昌夫に助言をする。
和子
演 - 鈴木緑
ひろみ
演 - 南きよみ
ミドリ
演 - 三宅友美子
美樹
演 - 白石奈々
心中した女
演 - 田家幸子
まつのがけじょう寺にやってきた同じ時期に寺の近くの滝から身投げして亡くなった若い女。
村人:伊藤高
消防団員A
演 - 三重街恒二
消防団員B
演 - 大和田伸也
心中した女の遺体を引き上げた時に、滝壺に白い腹帯があるのを見つけた。
消防団員C
演 - 泉福之助
消防団員D
演 - 須賀良
修行僧の先達:高月忠
本山道場の守夜当番:清水照夫
遺族A
演 - 佐川二郎
貴族B
演 - 伊藤慶子
僧A
演 - 町田政則
僧B
演 - 田口和政
僧C
演 - 村添豊徳
僧D
演 - 須藤芳雄
僧E
演 - 大島博樹
たね
演 - 北林谷栄
まつのの母方の祖母。やす恵の実母でうたの育ての親。現在は年寄りばかりが住む田舎の集落に住んでいるが、過去には朝鮮特需で材木の需要が増えて町が活気づいていた。うたの母は小さなお堂の中でうたを産んだ時に亡くなり、自らがうたを引き取ってやす恵と共に育てた。
やす恵
演 - 岡田奈々
まつのの母。たねの実の娘。うたとは血が繋がっていないがうたからは「姉ちゃん」と呼ばれ、実の姉妹のように育てられた。まつのが赤ん坊だった頃にうたが京都の工場に就職が決まり、寂れた田舎から出ていくうたのことを羨ましく思っている。
村井警部補
演 - 夏木勲
刑事。けじょう寺の近くにある滝から遺体が発見された事件の捜査を担当。離婚歴があり現在は独身。一昨年身を投げたうたを滝から引き上げた時から好意を持つようになった。うたに対しての想いは強く、刑事でありながら昌夫と同じくらい激しい感情を持って行動に移している。
また同時にうたに対しては、心中した女と一緒に見つかった白い腹帯と何らかの関係があるのではないかと疑惑を持って調べ始める。
加波島懐海
演 - 若山富三郎
山奥にある、けじょう寺の住職。1年ほど前に倒れて以来左手などの自由がきかず這って動ける程度で、普段はほとんど寝たきり状態。それでもうたのことを愛しており、毎晩口などを使って愛撫を重ねている。うたに対して「お前はワシの命や、観音様や」と言っている。うたが自分を見捨ててどこかへ行ってしまわないように懇願する。
ラジオのアナウンサー:大沢悠里

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 東映キネマ旬報 2010年春号 Vol.14 2-7頁
  2. ^ 『クロニクル東映:1947-1991』2、東映、1992年、72頁。
  3. ^ 歴史|東映株式会社(任侠・実録)
  4. ^ 緑川亨 『日本映画の現在』 岩波書店〈講座日本映画7〉、1988年、347頁。ISBN 4-00-010257-5
  5. ^ a b 80年代黄金ヒロインたち 小柳ルミ子 | アサ芸プラス

外部リンク[編集]