辻萬長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
つじ かずなが
辻 萬長
本名 辻 萬長
生年月日 (1944-02-09) 1944年2月9日
没年月日 (2021-08-18) 2021年8月18日(77歳没)
出生地 日本の旗 日本佐賀県佐賀市神野町
身長 171cm
血液型 A型
職業 俳優声優
ジャンル 演劇テレビドラマ映画吹き替え
活動期間 1965年 - 2021年
配偶者 辻邦
著名な家族 辻輝猛(長男)
辻敦尊(次男)
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト 公式ホームページ
主な作品
舞台
父と暮せば
 
受賞
第31回文化庁芸術祭優秀賞
『ボンソワール・オッフェンバック』(1976年)
第8回読売演劇大賞優秀男優賞
『化粧二題』(2000年)
第37回紀伊國屋演劇賞個人賞
ロンサム・ウェスト』(2002年)
『雨』(2002年)
テンプレートを表示

辻 萬長(つじ かずなが、1944年2月9日[1][2] - 2021年8月18日)は、日本俳優声優。本名同じ[1]。名の読みは「かずなが」だが、俳優仲間から「ばんちょうさん」と呼ばれ、自己紹介でも時折「ばんちょう」と名乗っていた[3]

佐賀県[1][2]佐賀市神野町出身。佐賀県立佐賀高等学校卒業[1]。テコジャパンエージェンシー[4]、おぎいくこ事務所[1]こまつ座を経て、ワタナベエンターテインメント所属。

来歴[編集]

豆腐屋を営む両親のもとに、長男として生まれる。

高校の演劇部では舞台装置の図面を書くなど裏方として活動していたが、徐々に演じる方にも興味を持ち、役者としても出演するようになる[5]

1962年に高校を卒業。同年、劇団俳優座付属俳優養成所に14期生として入所[1]。同期には佐藤信串田和美吉田日出子清水綋治新橋耐子有川博がいる。村井國夫は佐賀高校演劇部の1年後輩で俳優座俳優養成所でも1年後輩の15期生である。

1965年に俳優座養成所を卒業し、劇団「仲間」に入団。

1970年に仲間を退団後、1991年からは井上ひさしが主宰するこまつ座の唯一の所属俳優となる。

舞台中心の活動を続けているが、テレビや映画への出演も多い。

死去した名古屋章に代わり、『トイ・ストーリー3』以降のMr.ポテトヘッド役を演じ続けた。

2022年放送の大河ドラマ鎌倉殿の13人』に伊東祐親役で出演予定だったが、病気療養のため辞退した[注釈 1][6]

2021年8月18日腎盂がんのため死去[7][8][9]。77歳没。

人物[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

こまつ座[編集]

※ すべて井上ひさしの作、他団体との共催も含む

  • 人間合格(1989年・1992年・1998年・2008年、演出:鵜山仁
  • シャンハイムーン(1991年・1993年、演出:木村光一
  • しみじみ日本・乃木大将(1991年、演出:木村光一)
  • きらめく星座(1992年・1996年・1999年、演出:木村光一)
  • 雨(1994年・1996年・2002年、演出:木村光一)
  • 黙阿彌オペラ(1995年・1997年・2000年、演出:栗山民也
  • 連鎖街のひとびと(2000年・2001年、演出:鵜山仁)
  • 化粧二題(2000年、演出:鈴木裕美
  • 兄おとうと(2003年・2006年・2009年、演出:鵜山仁)
  • 紙屋町さくらホテル(2003年・2006年・2007年、演出:鵜山仁)
  • 父と暮せば(2004年・2005年・2008年・2010年・2011年、演出:鵜山仁)
  • 円生と志ん生(2005年・2007年、演出:鵜山仁)
  • 闇に咲く花(2008年・2012年、演出:鵜山仁)
  • ムサシ(2009年、演出:蜷川幸雄
  • 日本人のへそ(2011年、演出:栗山民也)
  • 日の浦姫物語(2012年、演出:蜷川幸雄)
  • イーハトーボの劇列車(2013年、演出:鵜山仁)
  • 雪やこんこん(2020年、演出:鵜山仁) - 新型コロナウイルス感染拡大を受け公演中止

その他[編集]

吹き替え[編集]

映画吹き替え[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

ラジオ[編集]

朗読[編集]

CM[編集]

  • SoftBank ソフトバンクでんき篇(2015年 - )

その他[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 代役は浅野和之
  2. ^ 息子・辻輝猛のデビュー作。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、133頁。 
  2. ^ a b c d 辻萬長 - 日本タレント名鑑
  3. ^ (日本語) 『十二番目の天使』 コメント映像/ 辻 萬長, https://www.youtube.com/watch?v=KaecdTLYR7M 2022年1月23日閲覧。 
  4. ^ 日本タレント名鑑'80』VIPタイムズ社、1979年、130頁。 
  5. ^ 河北新報 1981年10月8日夕刊 10面「登場」コーナー
  6. ^ 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」出演者交代のお知らせ”. NHKドラマトピックス. 日本放送協会 (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  7. ^ "辻萬長さん腎盂がんで死去、77歳 7月には大河「鎌倉殿の13人」を降板". Nikkan Sports. 日刊スポーツ新聞社. 23 August 2021. 2021年8月23日閲覧
  8. ^ 辻萬長 逝去のお知らせ”. ワタナベエンターテインメント (2021年8月23日). 2021年8月23日閲覧。
  9. ^ 俳優・辻萬長さん、腎盂がんのため死去 77歳 7月に『鎌倉殿の13人』降板”. ORICON NEWS (2021年8月23日). 2021年8月23日閲覧。
  10. ^ "テレ東ドラマスペシャル『ラストライン』出演者一挙発表". ORICON NEWS. オリコン. 4 June 2020. 2020年7月1日閲覧
  11. ^ “妻夫木聡&蒼井優、NHK終戦ドラマで夫婦役に 生体解剖の罪と隠された真実”. シネマトゥデイ. (2021年5月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0123689 2021年6月10日閲覧。 
  12. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 538, 「主要特撮作品配役リスト」
  13. ^ CAST&STAFF”. Bunkamura25周年記念 皆既食〜Total Eclipse〜. Bunkamura. 2014年11月28日閲覧。
  14. ^ 『トイ・ストーリー4』唐沢寿明&所ジョージが声優を続投!”. シネマトゥディ (2018年12月20日). 2018年12月20日閲覧。
  15. ^ 昭和51年度(第31回)芸術祭賞一覧 (PDF)”. 文化庁. 2018年10月25日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]