ひとり囃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひとり囃子-"祇園祭より"-
小柳ルミ子シングル
B面 赤い燈台
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 喜多条忠平尾昌晃
チャート最高順位
小柳ルミ子 シングル 年表
花のようにひそやかに
(1974年)
ひとり囃子
(1974年)
冬の駅
(1974年)
テンプレートを表示

ひとり囃子-"祇園祭より"-」(ひとりばやし ぎおんまつりより)は、1974年6月に発売された小柳ルミ子の12枚目のシングルである。

解説[編集]

A面B面の両曲とも先行リリースされたアルバム『小柳ルミ子 -あたらしい友達-』からのシングル・カットであり、小柳にとって初のシングル・カット・リリースとなる。ただしA面の「ひとり囃子-"祇園祭より"-」はアルバム・ヴァージョンとではアレンジが異なる。B面「赤い燈台」は、作曲者の吉田拓郎がアルバム『ぷらいべえと』(1977年)でセルフ・カヴァーしている。

収録曲[編集]

  1. ひとり囃子-"祇園祭より"-(4'09")
  2. 赤い燈台(4'08")

関連項目[編集]