ぷらいべえと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぷらいべえと
吉田拓郎カバーアルバム
リリース
ジャンル フォークソング
レーベル フォーライフ
プロデュース 吉田拓郎
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1977年度年間23位(オリコン)
吉田拓郎 年表
クリスマス
1976年
ぷらいべえと
(1977年)
大いなる人
(1977年)
テンプレートを表示

ぷらいべえと』は、1977年4月25日に発表された、吉田拓郎の7枚目のスタジオ・アルバムであり、初めてのカバーアルバムである。

概要[編集]

もともと本アルバムは制作の予定はなく、拓郎が発案したアルバム『クリスマス』の売上不振により[1]フォーライフが巨額の赤字を出した埋め合わせのため発売した[1][2]後藤由多加から「会社がやばい。拓郎何とかしてくれ。アルバムが大至急欲しい、何でもいい」などと泣きを入れられ、既に約束のアルバムはリリースした後で新曲のストックは無く、思案したところボブ・ディランの『セルフ・ポートレート』を思いつき、同じコンセプトに基づき、他人へ提供した曲と自身の愛唱歌を集めたカバーアルバムの制作を決めた[2][3][4]

時間がないためユイ音楽工房にいたアマチュアミュージシャンを集めて短時間で制作したためスタッフ関係のクレジットが全く記載されていない。ドラムを叩いているのはドラム経験のない内山修という[2]。スタジオもミュージシャンも時間がなくて押さえられず、毎晩夜中の0時過ぎから朝6時終わりのレコーディング[1]、毎晩眠くて地獄のレコーディングだったという[1]。収録曲は全てスタジオレコーディングしたものでデモテープはない[2]。  

レコードジャケットも拓郎が週刊誌キャンディーズランちゃんを見てクレヨンで書いたもの[2]。『やさしい悪魔』のレコードジャケットの真ん中をくりぬいた[2]。女の子の回りを木で囲むなど『ぷらいべえと』のレコードジャケットは全体に緑色のため、それに合わせ初版のレコード盤は緑色だった。また初回特典にはポスターが付いた。

本アルバムは2000年代から増えはじめたカバーアルバムの先駆的なもので、現在では考えられないが、当時は"創作力のダウン"や"売らんかな主義"などと酷評もされた[4][5]富澤一誠は「いうなら企画物で、評価の対象にならない。ただ商売としてはうまいなと思っただけ」などと評している[6]

しかしながらメロディ・メーカーとしての才気やボーカリスト・吉田拓郎としての魅力も発揮したといえる[7][8]。また自作自演を基本とするフォーク/ニューミュージック側の、それもトップアーティストが歌謡曲をカバーするということは、当時としてはかなり大胆な試みであったといえる[9]

拓郎自身「やっつけ仕事の割にはよく出来た。当時フォーライフには社員が50人いて大半が家庭を持つ人たちで、フォーライフを救わなきゃと思った。必死だったんだろう。若かったから出来た」などと述べている[2]。  

カバーアルバムとして史上初のオリコン1位を獲得[10]。皮肉なことに、この年フォーライフのアルバムで最大のセールスを記録し[11]、フォーライフの危機を救った[2]。売れたことに関しては「ボクのファンがこういうの聴きたがっているとは思わなかった。それは読めなかった」と拓郎は話している[2]。パート2を作ってくれという営業サイドからの注文は頑強に断った[2][12]

前述のように批判的な論調が多かったこともあって、カバーアルバムは当時大流行することも無く『ぷらいべえと』の次といえるものは、甲斐よしひろがソロ名義で出した1978年5月のアルバム『翼あるもの』となる[13]。 また次に男性ソロアーティストがカバーアルバムで1位を獲得するのは徳永英明の『VOCALIST 3』(2007年)まで30年間待たねばならなかった[10]

収録曲[編集]

  • 編曲はすべて吉田拓郎。
  1. 夜霧よ今夜もありがとう 
    石原裕次郎の曲のカバー。
  2. 恋の歌
    • 作詞・作曲:吉田拓郎
    メモリアルヒット曲集 '70 真夏の青春』に収録された曲のリメイク。
  3. 春になれば 
    • 作詞・作曲:吉田拓郎
    小坂一也に提供した曲のセルフカバー。
  4. ルームライト
    1973年由紀さおりに提供した楽曲のセルフカバー。
  5. いつか街で会ったなら
    1975年、中村雅俊に提供した楽曲のセルフカバー。中村版は日本テレビ系ドラマ『俺たちの勲章』挿入歌。 
  6. 歌ってよ夕陽の歌を
    • 作詞:岡本おさみ / 作曲:吉田拓郎
    1975年、森山良子に提供した楽曲のセルフカバー。
  7. やさしい悪魔
    • 作詞:喜多条忠 / 作曲:吉田拓郎
    1977年、キャンディーズに提供した楽曲のセルフカバー。
  8. くちなしの花
    渡哲也の曲のカバー。
  9. 赤い燈台
    • 作詞:岡本おさみ / 作曲:吉田拓郎
    1974年、小柳ルミ子に提供した楽曲のセルフカバー。
  10. 悲しくてやりきれない
    ザ・フォーク・クルセダーズの曲のカバー。
  11. よろしく哀愁
    郷ひろみの曲のカバー。
  12. メランコリー
    • 作詞:喜多条忠 / 作曲:吉田拓郎
    1976年、梓みちよに提供した楽曲のセルフカバー。
  13. あゝ青春
    1975年トランザムに提供した楽曲のセルフカバー。トランザム版は日本テレビ系ドラマ『俺たちの勲章』主題歌。
    また1975年つま恋、79年篠島で行われたオールナイトコンサートのオープニング曲でもある。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 富沢一誠『ぼくらの祭りは終わったのかーニューミュージックの栄光と崩壊ー』、飛鳥新社、1984年、p98-100
  2. ^ a b c d e f g h i j ニッポン放送坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』2011年11月22日放送
  3. ^ 俺達が愛した拓郎、石原信一他著、p130-131
  4. ^ a b 地球音楽ライブラリー 吉田拓郎、TOKYO FM出版、p37
  5. ^ 俺達が愛した拓郎、p221-204
    吉田拓郎 挽歌を撃て、石原信一、八曜社、p119-120
    ニューミュージック白書、1977年、エイプリル・ミュージック、p175
  6. ^ 富澤一誠『あいつの切り札―松山千春から吉田拓郎まで36人』、音楽之友社、1981年、p224
  7. ^ 俺達が愛した拓郎、p221-222
  8. ^ 歌謡ポップス・クロニクル 特集アスペクト39、アスペクト、p124
  9. ^ 『ロック・クロニクル・ジャパンVol.1 1968-1980』、音楽出版社、1999年、69頁
  10. ^ a b 徳永英明、カバー作で15年10ヶ月ぶりの1位獲得! ニュース-ORICON STYLE
  11. ^ 吉田拓郎ヒストリー 1970-1993、p46
  12. ^ 吉田拓郎 挽歌を撃て、p120
  13. ^ 新譜ジャーナル ベストセレクション'70s、2003年、自由国民社、p312
    ※参考 井上陽水 FILE FROM 1969、TOKYO FM出版、2009年、p162

関連項目[編集]