お化けのサンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
お化けのサンバ
BAKERAMA HORROR SHOW!
MON MON MONSTER
ジャンル バラエティ番組テレビドラマミュージカル
出演者 小柳ルミ子
石川ひとみ
野村義男
シャネルズ
坂上二郎 ほか
製作
制作 東京12チャンネル
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1980年5月1日 - 1981年3月26日
放送時間 木曜 19:30 - 20:00
放送分 30分

お化けのサンバ』(おばけのサンバ) は、1980年5月1日から1981年3月26日まで、毎週木曜日19時30分から20時に東京12チャンネル(現:テレビ東京)で放送されていたバラエティ番組。全46回。中京圏域では東海テレビがテープネットしていた。

概要[編集]

古いお化け屋敷を舞台に女主人と弟、モンスターたちのコメディドラマのコーナーや、アイドルをゲストにしたコーナーや、エンディング中にコメディドラマコーナーの登場人物によるミニコントなどを放送するおまけコーナーがあった。

初回から第22回までの番組タイトルは『二郎・ルミ子のお化けのサンバ』で、女主人の交代に伴い、第23回から第46回まで『お化けのサンバ』となる。尚、放送は第42回が事実上の最終話で、第43回以降はそれまでのハイライト総集編を放送した。

エンディングテーマは、『二郎・ルミ子のお化けのサンバ』ではザ・ハンダースの「ハンダースの友情」のレコードのB面に収録されている「FALLIN' LOVE with YOU」をシャネルズがカバーし、歌っていた(レコードには「お化けのサンバ エンディング・テーマ」と記載されているが、番組ではザ・ハンダース歌唱の楽曲は使用されていない)。途中からドラキュラ、フランケン、狼男、タバサ、ナイトの5人が歌うバージョンに切り替えられ、それに伴い曲名が「FALLIN' LOVE with YOU」から「MONSTER I LOVE YOU(愛のテーマ)」に変更された(歌詞と曲はどちらとも全く同じ)。また、『お化けのサンバ』のエンディングテーマは、モンスター達が登場する動画になり、BGMとして石川ひとみの「秋が燃える」が、第35回からは「夢番地1丁目」が使用された。

後継番組は『もんもんドラエティ』で、この番組には「モンスターたちのコメディ」という設定と出演者の一部が引き継がれた。

ストーリー[編集]

東京・東長崎九丁目、江戸時代からある古いお化け屋敷。そこには本物のモンスターたちが人間から隠れてひっそりと暮らしていた。

主な出演者[編集]

  • 小柳ルミ子:柳下ゆう子(お化け屋敷の女主人)弟を残し服飾デザインの勉強のためパリへ留学することになり、お化け屋敷の主人が交代する。
  • 野村義男:柳下良太(ゆう子の弟)
  • 浅茅陽子:柳小路あかね(お化け屋敷の新しい女主人、柳下ゆう子の親友、第23回から登場)
  • 石川ひとみ:柳小路さやか(あかねの妹、第23回から登場。)なお、『二郎・ルミ子のお化けのサンバ』第2回「恋するドラキュラ」にも登場しており、ドラキュラに恋してしまう女子高生を演じた。役名は順子。
  • 坂上二郎:夢野獏(お化け屋敷の番頭を務める幽霊)
  • 佐渡稔:ドラキュラ
  • 大前均:フランケン
  • 笹野高史:狼男
  • 福原緑:タバサ(魔女)
  • 西川和孝:ナイト(『二郎・ルミ子のお化けのサンバ』のみに出演)
  • チャップ:警官
  • 玉田知子:マリ
  • 大西景子:ウェイトレス
  • シャネルズ:『二郎・ルミ子のお化けのサンバ』でのオープニングのみに出演。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 「モンモンモンスター」作詞:鳥塚しげき、作編曲:渡辺茂樹、唄:シャネルズ+小柳ルミ子→石川ひとみ、振付:土居甫、足川欽也


東京12チャンネル 木曜19時台後半
前番組 番組名 次番組
お化けのサンバ