いちばん星 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
連続テレビ小説 > いちばん星 (テレビドラマ)
連続テレビ小説
通番 題名 放映期間
第18作 火の国に 1976年10月4日
- 1977年4月2日
第19作 いちばん星 1977年4月4日
- 10月1日
第20作 風見鶏 1977年10月3日
- 1978年4月1日
いちばん星
主人公となった佐藤千夜子(本編では高瀬春奈→五大路子が演じた)
主人公となった佐藤千夜子(本編では高瀬春奈五大路子が演じた)
ジャンル ドラマ
原作 結城亮一
脚本 宮内婦貴子
出演者 高瀬春奈五大路子
伴淳三郎
富田恵子
木内みどり
柳生博
津川雅彦
ナレーター 三国一朗
時代設定 明治時代〜昭和時代
製作
制作 NHK
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1977年4月4日 - 10月1日
放送時間15分
回数156[1]
テンプレートを表示

いちばん星』(いちばんぼし)は、1977年昭和52年)4月4日から同年10月1日まで放送されたNHK朝の連続テレビ小説第19作目。

特徴[編集]

昭和の流行歌手第1号となった佐藤千夜子の半生をフィクションを交えて描いた[2]。NHKには全話のビデオテープが現存するが、第1話と最終話以外は家庭用VTRで録画されたものである。

連続テレビ小説として、実在する人物の生涯、半生をモデルにするのは『おはなはん』の前例があり[3]、その後も複数制作されているが、放送時点で故人となっていた人物が主人公のモデルとして扱われたのは当時としては異例であった(2011年度下半期の『カーネーション』以降、実在人物が主人公のモデルとなった作品はいずれも放送時点で故人となった人物がモデルとして取り上げられている〈2019年度下半期の『スカーレット』における神山清子[4]のように、主人公の「モデルではなく、生き様を参考にした[5]」とされる人物は除く〉)。また、山形県が舞台になった最初の朝ドラ作品である[6]

完全版・総集編共にDVDは未発売。

放送ライブラリーでは第1回が公開[7]

キャスト[編集]

佐藤千夜子
演 - 高瀬春奈[8]五大路子(高瀬が体調不良で途中降板したため、6月13日放送話から五大が2代目として登板した。)
佐藤英三郎
演 - 伴淳三郎
千夜子の父。
佐藤マツ
演 - 冨田恵子
千夜子の母。
佐藤亮吉
演 - 佐々木剛
千夜子の兄。
佐藤新吉
演 - 青柳武志
千夜子の弟。
中山晋平
演 - 津川雅彦
野口雨情
演 - 柳生博[9]
古賀政男
演 - 若尾哲平
木田滝子
演 - 木内みどり
ミス・キルバン
演 - バネッサ・アリア
柏倉巡査
演 - 山谷初男
森田豊二
演 - 頭師佳孝
太田
演 - 鈴木昭生
妻・いね
演 - 安田洋子
その他
演 - 三遊亭円之助塩沢とき沼田爆真夏竜長澄修岩本多代小柳ルミ子戸浦六宏小林尚臣泉晶子清水めぐみ

スタッフ[編集]

視聴率[編集]

本作の出だしは不調であったが、翌日の放送から視聴率を盛り返し、1977年9月10日の放送で44.9%をマーク。平均視聴率37.2%と久々に高視聴率をマークした[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ NHKクロニクル
  2. ^ 「NHKトピックス/4月から番組を刷新-22番組を新設/放送文化賞ほか」『放送教育』第32巻第1号、日本放送教育協会、1977年4月1日、 84頁。NDLJP:2341392/43
  3. ^ 朝ドラが半年編成なってからは今作が初めて。
  4. ^ 2021年時点で存命。
  5. ^ 当該項目参照。
  6. ^ 「NHK放送史『朝ドラ100』」の「ご当地マップ『山形』」を参照。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 放送ライブラリー program番号:177836
  8. ^ 「テレビ小説のヒロイン 高瀬春奈・名取裕子」『映画情報』第42巻第5号、国際情報社、1977年5月1日、 16 - 17頁。NDLJP:10339915/16
  9. ^ 柳生博 - NHK人物録
  10. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
いちばん星