くれなゐ (渡辺淳一)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

くれなゐ』は、渡辺淳一の小説。1975年9月25日から1976年9月25日の1年間、「北海道新聞」・「中日新聞」・「東京新聞」・「西日本新聞」の4紙にて連載された。病気で子宮を喪ってしまった冬子を主人公に、女性としての生き方、不倫の恋の行方を描く。

当項目では、同作を原作としたテレビドラマについても記述する。

ストーリー[編集]

テレビドラマ[編集]

毎日放送版[編集]

1984年1月6日から4月6日まで、TBS系列で毎週月曜から金曜の13:30 - 13:45(JST)に放映。制作は毎日放送

出演[編集]

スタッフ[編集]

読売テレビ版[編集]

1998年4月13日から6月22日まで、日本テレビ系列で毎週月曜22:00 - 22:54(JST)に放映。制作は読売テレビ

出演[編集]

音楽[編集]

  • 主題歌:sarah「くれない」
  • エンディング:川島なお美「薔薇の花みだら」

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 サブタイトル 視聴率
第1話 愛人生活 16.1%
第2話 古都情炎
第3話 子宮喪失 12.0%
第4話 不感の女 13.0%
第5話 女と女禁断の愛 12.7%
第6話 上高地燃える究極愛 12.6%
第7話 その愛許さない! 11.1%
第8話 妻の愛人、挑戦の時 12.6%
第9話 引き裂かれた離婚届 11.5%
第10話 雨の箱根、紅心中! 10.4%
最終話 命の愛は何処へ! 12.3%
平均視聴率 12.6%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)

エピソード[編集]

川島なお美演じる主人公、冬子の職業が帽子デザイナーであり、彼女がデザインした帽子を、小柳ルミ子演じる祐一郎の妻、尚子が嫉妬の念からハサミでズタズタに切り裂くシーンがあるが、その帽子は、祐一郎役の内藤剛志の夫人(演技上ではなく実生活での夫人。帽子デザイナー)がデザインした帽子であり、内藤も、「芝居とは言え、複雑な心境です。」と語っていた。

関連商品[編集]

  • くれなゐ Vol.1~Vol.4(バップ) 1999年4月5日発売 VHSの単品商品。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS系列・毎日放送制作 平日13:30-13:45枠
前番組 番組名 次番組
くれなゐ
日本テレビ系列・読売テレビ制作 月曜10時枠の連続ドラマ
冷たい月
(1998.1.12 - 3.16)
くれなゐ
(1998.4.13 - 6.22)
凍りつく夏
(1998.7.6 - 9.14)