紅壱子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紅萬子から転送)
Jump to navigation Jump to search
くれない いちこ
紅 壱子
本名 藪本 満子
別名義 紅 萬子(くれない まんこ、まこ)(旧芸名)
生年月日 (1953-09-12) 1953年9月12日(64歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府[1]
身長 155 cm[1]
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1972年 -
所属劇団 浪花人情紙風船団
事務所 MC企画
公式サイト 公式プロフィール

紅 壱子(くれない いちこ、1953年9月12日 - )は、日本女優。旧芸名、紅 萬子(くれない まんこ、まこ)。本名、藪本 満子。

大阪府出身。大阪府立港高等学校神戸松蔭女子学院短期大学卒業。MC企画所属。「浪花人情紙風船団」座長。大阪を中心に活動する。血液型はO型。

来歴・人物[編集]

18歳でタレント養成所に入所し1972年にデビュー。小劇場を経て、24歳で「劇団男と女」を創立・主宰し[2]、アングラ女優として活躍。その後、「別嬪倶楽部」「素面共済会」を経て、庶民的な役柄を中心に演ずる[3]

現在は「浪花人情紙風船団」を主宰している[1]。また1998年には旭堂小南陵(4代目旭堂南陵)に入門し、旭堂南紅の芸名も持つ。

NHK連続テレビ小説の『純ちゃんの応援歌』や『まんてん』へ出演するにあたり、芸名がNHKの放送にふさわしいといえない[注 1]という理由から、芸名の読みを「くれない まこ」としていた。しかし、『てるてる家族』では本来の読みで出演した。

2015年1月1日より紅 壱子(くれない いちこ)に改名。

松竹芸能のタレント養成所で長く講師として指導しており、松嶋尚美田口万莉が番組内で「萬子さんに養成所の講師として教えてもらった」と話したことがある。

愛犬は18万7000円で購入したダックスフントの「ベニー」(芸名は「べに」とも読むことから)。また、これまでに飼った犬の名前は「メリー」→「ロック」→「ピー」→「コロ」である。

趣味は、車の運転、麻雀パチンコ[1]

大阪ミナミで「スナック・萬が壱」を経営している[4][5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ
読売テレビ
TBS
毎日放送
フジテレビ
関西テレビ
テレビ朝日
朝日放送
テレビ東京

映画[編集]

舞台[編集]

  • 「好色一代男」(御園座)
  • 「女ひとり」(松竹座)
  • 「パパ -泥棒と少女は、親子になった?」 -(2009年8月、京橋花月)

バラエティ他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 読みが同じの女性器の名称により、放送禁止用語に抵触してしまうため。「連続テレビ小説」では、音声多重放送の副音声で解説放送があり(1990年度以後)、冒頭で出演者の名前も読み上げられるという事情もある。類似例として、槍魔栗三助(生瀬勝久)浅草キッド玉袋筋太郎(玉ちゃん、知恵袋賢太郎)、快楽亭セックス(二代目快楽亭ブラック)イジリー岡田(岡田昇)などが存在する。

出典[編集]

  1. ^ a b c d MC企画:公式プロフィール
  2. ^ 紅 萬子 こころの再生府民運動 こころの再生百人衆
  3. ^ メンバー紹介 - 浪花人情紙風船団公式ホームページ
  4. ^ おとなの文化村(508) 浪花人情紙風船団 紅壱子さん エフエム大阪 2018年3月25日
  5. ^ FLASH DIAMOND 2018年4月15日号(FLASH増刊)「朝ドラ“真の主役”は脇役女優だ!」

外部リンク[編集]